おなかの調子がなかなかよくならなくて悩んでいる方が大勢いるはずですよね。

特におなかのトラブルで問題となるのが「軟便」と「下痢」。

  • 通勤途中の電車で突然の腹痛に襲われたらどうしよう・・・
  • 大切なプレゼンの前になぜかおなかが急に痛くなる
  • 学生さんでも学校に行く前にいつも腹痛に襲われる

なんて具合に、軟便と下痢に悩まされているという人も大勢いるはず。

そんな軟便と下痢はどうして引き起こされるんでしょうね。

実は、私もそんな軟便と下痢に悩まされることが多いんで、原因や注意すべき下痢症状、そして、軟便と下痢を改善するための、腸内環境について調べてみました。

軟便と下痢とはそもそもどんな状態?

私たちのからだから排出される便って、毎日の健康を表しているんですね。

便は硬すぎても柔らかすぎても、健康とは言えないんです。

健康な便というのは、70~80%程度の水分を含んでいるそうです。

でも、この水分量って体調によって変化していくものなんだそうです。

腸内環境が悪化すると、腸に便が何日もたまってしまい宿便になって、硬い便になるため排出が困難になる。

つまり、便秘になってしまい悩む人もいます。

逆に、腸で水分が多くなってしまい、水分が80~90%を占めてしまうと、いつもより軟らかい状態となり「軟便」となるんです。

腸で水分が90%を超えて液状になると「下痢便」になります。

軟便になってしまう原因は?

本来、私たちの体は健康ならば、腸は「ぜん動運動」をして栄養や水分を吸収した後の残りを便として肛門に送る働きをしてくれます。

びっくりすることに、私たちの体の腸を通過する1日の水分量って、なんと約9リットルにもなるそうです。

 

その水分量の99%は腸で吸収されて、たった1%の水分が便に含まれることで理想的な便になるそうです。

ところがですね、この腸のぜん動運動が何らかの原因で活発になってしまうと、腸の内容物が早く腸内を通過してしまうことになり、便になるはずの内容物が十分に水分を吸収できなくなってしまうんです。

それに、本来腸がもっている水分吸収力が低下していたり、腸からの水分分泌が増えてしまうと逆に便が健康な状態よりも、水分を吸収してしまうんです。

つまり腸の水分調節がうまくいかないと、腸の中の水分量が増えてしまって軟便や下痢便となってしまうということなんです。

過敏性腸炎だと言われたことがある人は、腸がストレスとかで過敏にぜんどう運動をしてしまうため腸の水分調節がうまくできなくて軟便や下痢の症状を引き起こすようです。

軟便の原因は腸内環境に関係が

よく、病気なわけでもないのに、軟便や下痢が続く人っていますよね。

そんな人は、何で病気でもないのにって悩んでいるはずです。

下痢が続く人の大半は、腸内環境が非常に悪くなっています。

 

そのために、善玉菌が劣勢となり、悪玉菌が優勢になっているんです。

悪玉菌が腸内で大量に発生すると、腸の内容物を腐敗物質に変えてしまいます。

その腐敗物質からアンモニアや硫化水素などの有害なガスを発生させてしまいます。

そして、そのガスは体にとって有害なため体調不良の原因にもなってしまうんです。

私たちの腸の温度は、常に約37℃で維持されていて、食べたものはそこで発酵が行われるんです。

小腸と大腸は約7メートル50センチメートルもある長い発酵器の役割をしています。

体に取り込んだ魚肉類はどんなに新鮮でも腐りやすいため速やかに分解して排出しないとだめなんですね。

なのに腸の働きが悪くなって、腸のぜんどう運動がしっかりと行われないと、十分に食べ物が分解されないでいつまでも小腸や大腸に溜めこまれた滋養泰になります。

すると、魚からはヒスタミン、肉からはニトロソアミンなどの毒素が発生してしまいます。

実は、この毒素が下痢の原因となるんですね。

こんな毒素が排出されないようにするためにも、腐敗菌、つまり悪玉菌を減らして、善玉菌を増やさないとだめなんです。

その善玉菌に活発な働きをしてもらうことが、下痢の原因を防いでくれるんです。

腸内細菌。

特に善玉菌が私たちのためにしっかり働いてくれるために必要な食べ物。

つまり腸内細菌、善玉菌にエサをしっかりと与えてあげることが下痢の改善には大切なんです。

腸内環境に影響する3つの菌

腸内には大きく分けて3種類の菌、善玉菌・悪玉菌・日和見菌という菌がいます。

善玉菌

悪玉菌が増えるのを抑制したり有害物質を排出したりして腸の調子を良くしてくれる菌です。

悪玉菌

有害物質を作り出してしまう菌です。

日和見菌

善玉菌と悪玉菌の優勢な方に味方して働く菌です。

腸ではこれらの三つの菌が中でバランスを保って健康的な腸の働きがされます。

そんな大事な腸内のバランスも、年齢やストレス、生活習慣などといった様々なことに影響を受けて変化していってしまいます。

避けたいのは、悪玉菌が増えるなどしてバランスが崩れてしまうことです。

バランスが崩れると下痢や軟便、便秘などを起こしやすくなります。

バランスの崩れを防ぐためにはサプリメントなどを利用して善玉菌を摂ることで、日頃から善玉菌優勢な腸内環境を保っていくことが大切なんです。

おすすめの乳酸菌サプリメント

⇒ 乳酸菌生産物質サプリ[デイリーバランス]

軟便の種類

軟便には次のような種類があります。

ストレスによる軟便

腸の働きに影響のある副交感神経の働きがストレスで不安定になることが原因となり、下痢や軟便が起こります。

また、ストレスにより過敏性腸症候群という長期に及ぶ便通異常になることもあります。

病気による軟便

細菌やウイルスによる食中毒や潰瘍性大腸炎・大腸がん等の重大な病気が原因である事があります。

この場合は他にも発熱や嘔吐などの症状を伴っている事が多いです。

睡眠リズムによる軟便

睡眠リズムも腸の働きに影響があると言われています。

食べ物による軟便

刺激の強いものや食べ物に含まれている乳糖や人工甘味料を摂取することで、腸が刺激されたり腸内の浸透圧を上げてしまうことで下痢や軟便になります。

腸の機能低下による軟便

年齢などで腸の機能が低下すると、きちんと吸収して便を形成することができずに軟便になってしまいます。

これらの原因の中で、病気以外のものに関しては腸内にいる細菌のバランスが悪いことでより下痢や軟便になりやすくなります。

腸内環境が良くなると80%の下痢は改善!

腸内環境が整っている状態とは、腸内善玉菌の好むエサが十分にあり、善玉菌が悪玉菌よりも優勢に働いていることが大切です。

したがって、腸内環境を改善するのに最も大切なことは「野菜中心の生活」を送ることです。

生野菜や生のフルーツには、土壌菌といって、土にある菌が付着しています。

これを体内に取り込むと、腸内環境は改善し、免疫力もアップすることが最近の研究にて証明されています。

さらにキャベツやゴボウといった食物繊維を豊富に含む野菜を食べることで、善玉菌がエサを吸収でき、活発に働くことができます。

下痢が続く方のほとんどは、腸内環境が悪化しています。

ですから、腸内環境をよくするために、野菜中心の食生活を心がけるようにしましょう。

軟便サプリメント

緊張するとすぐ下痢や軟便になってしまったり、日頃からちょっとしたことでお腹を壊しやすい人は乳酸菌サプリメントを使って、腸を整えるのも良いみたいです。

じゃあ、どういうサプリメントを選べば下痢や軟便が改善するんでしょうか?

乳酸菌を代表とする善玉菌を補うサプリメントでは腸内環境を良くしてくれます。

但し、ストレスや食べ物などの根本的な原因を解決してくれるわけではありません。

あくまで下痢や軟便になりにくい腸内環境を作るのをサポートしてくれるだけです。

いつもちょっとしたことで下痢や軟便になってしまうような人がその症状を緩和させるのに有効ということです。

例えば、

  • 冷たい牛乳を少し飲んだだけでお腹を壊してしまう
  • 大勢の前で発表するストレスでお腹を壊してしまう

というような人にはサプリメントでのサポートが向いていると言えます。

乳酸菌を摂取する便通を改善できます。

少しのきっかけで下痢や軟便になることが減ってきます。

確かに乳酸菌を摂取するといだけなら、ヨーグルトでも代用可能です。

が、ヨーグルトには乳糖という成分が含まれていて、日本人は遺伝的にこの乳糖を分解しにくい人が多いようで、逆に下痢や軟便の原因となってしまうそうです。

ヨーグルトに含まれる乳糖は牛乳よりは少ないのですが、この方法で継続的に乳酸菌を摂取するというのは日本人にあまり向いていないそうです。

おすすめの乳酸菌サプリメント

⇒ 乳酸菌生産物質サプリ[デイリーバランス]

死んだ乳酸菌

乳酸菌の摂取について、腸に乳酸菌がたどり着くまでに胃液や胆汁などによって菌が死滅してしまったら意味が無いんじゃない?って思う人もいますよね。

ところがですね、もし乳酸菌が死んでしまっても、腸内環境は改善されるんです。

その腸内環境を改善する方法って、主に二つあるんですね。

  • 生きた乳酸菌を腸内に届けて善玉菌を増やす方法
  • 死んでしまった乳酸菌やオリゴ糖などエサにして腸内にいる善玉菌を活性化させる方法

の二つの方法があるんです。

つまり、腸まで乳酸菌が生きて届けば前者の方法になり、途中で死んでしまっても後者の方法で腸内環境を良くすることができるんです。

但し、サプリメントで腸内環境を整えることはできても、病気などを治すことはできません。

ですから、発熱や嘔吐等の別の症状がある人や長期間にわたって下痢が続いている人は一度病院で診てもらいましょう。

軟便によく効くサプリメントは?

一言に乳酸菌サプリメントといっても様々な種類の商品が売っていますよね。

じゃあ、どんな基準で選べば良いんでしょうか?

乳酸菌サプリメントを選ぶ大きなポイント。

それは、自分に合っていて長く使い続けられるものかどうかなんです。

サプリメントは、あくまで日頃の生活に足りていないものを補って、自分の体を少しずつ改善するためのものです。

そのため継続して使い続けることが大事になってきます。

それに乳酸菌と言っても種類がたくさんあって、人によって自分に合った乳酸菌は違ってきます。

だからこそ使い続けられる価格で、自分に合った乳酸菌を含んでそうなものを探すことが必要になってくるんです。

おすすめの乳酸菌サプリメント

⇒ 乳酸菌生産物質サプリ[デイリーバランス]