色んな食材が値上げ高騰している今日この頃。

家計を預かる主婦の人たちの頭を悩ませていますよね。

食材の価格が高くなっているからといって、食事をしないというわけにはいきません。

かと言って、あれもこれもと大量買いができる価格ではなくなってきている。

そうなると当然、誰もが少しでも食費を抑えようと、スーパーの見切り品を狙うわけです。

20%offや30%off、中には半額!という値引きシールが貼られるスーパーの見切り品。

消費期限が近づいてきたという理由から、色んな食材や惣菜、弁当を例え安くても売れ残りよりはましとして値引きがされるわけです。

そういうことからスーパーの閉店時間際になると、見切り品を狙ったたくさんの人が溢れかえる光景を目にすることが多いですね。

でも・・・

見切り品争奪戦に負けてしまって、結局は思うように手にすることが出来なかったという経験のある人も多いはずです。

実は、スーパーの値引きシールを貼る時間帯って、閉店時間際だけではないって知っていましたか?

意外に知っている人は少ないようなんですが、開店直後も値引きシールが貼られる時間帯なんです。

生鮮食品とかは閉店時間際、意外と長持ちするような食品などで消費期限の迫っているものは開店直後に値引きシールを貼ることが多いんです。

このように、意外と知られていない見切り品を手に入れやすい時間帯が、開店直後の午前中なんです。

食材の高くなっている中で、食費を抑えるために見切り品を手にしようとするたくさんの人。

そんな人たちを、出し抜くという言い方は良くないかも知れませんが、周りよりも賢く動いてみることが、できる主婦と思うのは私だけでしょうか?