日本人が大好きなマグロ!

と言うか、最近ではマグロ大好きな外国人もかなり増えているようですが(笑)

そんなマグロと言えば、お刺身や寿司が定番ですよね。

赤身や中トロ、そして大トロ。

中落ちなんかも♪

でも、どうせマグロのお刺身や握りなんかを食べるなら、大トロを食べたいものです(笑)

赤身を食べながら、

「これが大トロだったら、メチャメチャ美味いんだろうなぁ」

なんて思い、挙げ句には、

「この赤身、大トロに変わってきれねぇかなぁ」

などという、無茶苦茶な思いにはせたりするのは、私だけですか?(笑)

と思っていたら、意外と同じ思いにはせる人は多いようです(笑)

そこで、普通のマグロの刺身を大トロの食感に変えてしまおうと、試行錯誤、実験を繰り返した人がいたようです(笑)

そこで、見つけた方法が・・・

普通のマグロの刺身にラードを塗って食べるという暴挙!

じゃなかった、方法だそうです(笑)

ラードを塗って食べるだけで、まさに脂の乗った大トロに近い味になるそうです。

「イヤイヤ、ホントかよ」

という感じです(笑)

ラード以外にも、マヨネーズを使っても再現できるそうで、マヨネーズを塗ってからしばらく冷蔵庫で寝かせて、その後にマヨネーズを拭き取ると大トロの味と食感になるそうです。

ラードやマヨネーズの脂分がマグロの水分に溶けて、大トロの食感を生み出すのだそうです。

一度、試してみてはいかがでしょうか?(笑)

あ!

因みに、私は試す勇気がありませんので、試していません(爆)

あくまで、自己責任にてお試しくださいm(__)m(爆)