えー、おバカなお話をお一つ(笑)

これは、あくまで私のおバカな妄想話でございます(笑)

ドナルド・トランプ氏とヒラリー・クリントン氏が接戦を繰り広げたアメリカ大統領選。

結果として、ドナルド・トランプ氏が次期大統領に選ばれましたね。

日本でもそうですが、海外の様々な国では、

「何故!?」

という声が多数挙がっています。

異端児、暴言王と呼ばれ、大統領選期間中も様々な問題発言を繰り返して、支持者を減らしてきたのにと思う人が多いのは当然です。

ただ、私的には、全てドナルド・トランプ氏の戦略通りに進んでいたのではないのかというように見えてしまいます。

ま、私が元政治家だったとか、政治に詳しいとかいうことは一切ない、逆に政治にはあまりというか全く関心の無い人間です(笑)

そんな私から見て、今回の大統領選がドナルド・トランプ氏の戦略通りに進んだという珍説が湧きあがるのか?

ドナルド・トランプ氏は政治経験など全くないビジネスマンです。

それも過去に破産経験を何度か経験しているとはいえ、今現在巨額の富を築き上げた優秀なビジネスマンなわけです。

そんな優秀なビジネスマンであるドナルド・トランプ氏は大統領という職を国を動かす政治的トップとは捉えず、アメリカという会社の経営者、経営トップとしてビジネス的に捉えていたのではと感じます。

そういう風に考えれば、何となく納得のできることが多いんですね。

そして、数々の暴言、スキャンダルを敢えて自分のイメージとしてアピールしてきたと感じます。

ただ、そのイメージと同時に、何かをしてくれるという期待感も醸し出しながら。

悪いイメージと同時に、何かをやってくれるかもしれないという期待感を植え付けるという手法を駆使してきたように思われるんです。

例えば、テレビでの公開討論。

あれも敢えてスキャンダルの突っつきあいに持ち込んだのではと感じられるんです。

そうすることで、相手側、ヒラリー・クリントン氏のイメージを損なうこともできるわけです。

現実に、アメリカ国内では大統領選史上まれにみる品の無い公開討論会と酷評され、ドナルド・トランプ氏だけではなく、ヒラリー・クリントン氏も批判を受けイメージダウンを受けたのは間違いの無い事実です。

そして、当然の如く、ドナルド・トランプ氏のイメージも悪化。

ただ、ヒラリー・クリントン氏については、確かに酷評もあったものの、このことで別の意味合いでの悪いイメージもできてしまったことになりますが、ある意味暴言を吐き続けてきたドナルド・トランプ氏にとっては、周りも「またか」程度にしか思わなかったということもあり得るわけです。

そうなれば、元々、暴言の多いという面を考えればダメージはそんなに大きくはないはずです。

また、女性に対する蔑視発言をリークされたことも、何故か意図的にリークされたのではと感じます。

ドナルド・トランプ氏の徹底したヒール役。

あそこまでヒールに徹するとアンチはかなり増えていきます。

それと同時に、あそこまで徹底したヒールだからこそ、何かをしてくれると期待する人も出てくるのも事実です。

事実、アンチの中には、ドナルド・トランプ氏を支持表明している家に設置してある看板などを燃やしたりという過激な事件も起きていました。

それゆえに、ドナルド・トランプ氏を支持していることを表に出さずに、逆にアンチをわざと名乗った支持者もかなりの数いたようです。

おそらく、最終的に、その隠れた支持者の票がかなり狙えると踏んでいた可能性もあります。

もし、これらのことが全てドナルド・トランプ氏が自ら仕組んだ戦略だったとしたら、彼は大変なギャンブラーですよね?

だって、一連の騒動を自ら起こすと言うことは、もろ刃の剣であり、自分のイメージをどん底まで落としかねない。

そうなれば、当然、大統領選は敗北するわけです。

そこを逃れるためには、かなり計算づくで、尚且つ慎重に行わなければなりません。

それでも、確立としては、自分が不利と言う局面にぶち当たる確率が高いはず。

でも、私的には、ドナルド・トランプ氏なら敢えて大きな賭けに出て、戦略として一連の騒動を起こしても不思議ではないと思えるんです。

何故なら、ドナルド・トランプ氏が巨額の富を築き上げてきた優秀なビジネスマンであり実業家だからなんです。

起業、ビジネスはある意味ギャンブルです。

時には、敢えて炎上を引き起こし知名度を上げたり、認知度を引き上げてビジネスを成功させるという行為を行うこともあります。

もろ刃の剣を操り、ビジネスを成功させるということは、一か八かのギャンブルと言えます。

そして、それを繰り返し成功を掴んで巨額の富を築き上げてきたのがドナルド・トランプ氏です。

今回の大統領選を政治的に捉えず、ビジネスとして捉えていたとしたら、十分に戦略として仕掛けてきたと考えられないでしょうか?

それも、最後は自分が絶対に勝つという自信を持って。

という、妄想を膨らませている私でした(爆)

暇つぶしの笑い話にお付き合いいただきありがとうございました(笑)