今年も、残すところ3ヵ月ちょい。

年末、そして新しい年が近づいてきます。

新しい年、新年、正月と言ったら、福袋の季節ですね。

毎年、毎年、福袋を楽しみにしている人は多いです。

ご多分に漏れず、私とカミさんもそんな福袋大好き人間です(笑)

中身がわからないって言うのが、福袋の楽しみの一つです。

ワクワク、ドキドキしながら家で福袋を開けてみる。

期待以上の内容でガッツポーズか!?

それとも、内容の悪さにガックリか!?

何れにしろ楽しい瞬間です。

そんな福袋、以前、確かファッション系の福袋で、開けてみたら粗悪品のオンパレードで、すごいバッシングを受けた福袋があったと記憶しています。

中には、いるんですね。

悪質な業者って。

人気の無い売れ残りの在庫品ばっかり詰め込んでみたり、3万円以上の内容っていう宣伝をしておきながら、買ってみたら1万円にも満たない内容だったり。

福袋は、中身がわからないというのを逆手に取った商売をする業者。

気をつけたいものですね。

福袋でそんな損をしないで買うには、去年の福袋の情報をしっかりと調べてみると良いです。

ネットで検索すれば、だいたい見つかりますから、私とカミさんは、しっかりと情報を仕入れてから買うようにしています。

それと、やっぱり有名ブランドの福袋だとハズレということが割と少ないので、そこを狙っていくと言うのも良い方法です。

去年の情報を調べたからと言って、中身が去年と同じということはないわけですから、中身がわからないという楽しみが削られるわけではないですから。

不要なものが入っていたら、ネットオークションで売り払ってしまうというのも、損をしないという面で有りなんじゃないでしょうか?

損をしない福袋の買い方をしたいものですね。