生命保険は定期的に見直した方がいいです。

なぜなら、その時その時によって必要となる保障が異なるからです。

当時は必要だったとしても今は必要ない場合もありますし、当時はいらなくても今は必要という場合があります

例えば、結婚して子供が生まれた場合、自分に何かあった時のために保障を充実させた方が安心できるでしょう。

さらに年齢を重ねると病気になる可能性が高くなるので、万が一の時に備えないといけません

その時に生命保険を見直していたかどうかで、受けられる治療も変わってきます。

そして、よくあるのが保障のダブりです。

似たような保障をいくつもつけている場合があり、それを見つけるためにも見直しは重要です。

がんのために三大疾病の特約とがん保険をつけている人がいますが、この2つは似ているのでどちらかにした方がいいかもしれません。

また、保険を見直すことで保険料を下げることもできます

不要な保障をどんどん外すことで、今までよりも数千円または1万円くらい安くなることもあります。

生命保険の不安や疑問を解決し、「納得の行く保険選び」をしたいなら保険のプロによる無料相談サービスを受けてみるといいでしょう。

コチラの会社の保険アドバイザーは、どこの保険会社にも所属していないから、複数の保険会社の商品からあなたの状況に合わせて最適な保険をアドバイスしてくれます。

是非、一度、無料相談をしてみてください。

⇓ ⇓ ⇓

みんなの生命保険アドバイザー

生命保険にも種類がある

生命保険と一言でいっても色々な種類があり、以下のように大きく3つに分けることができます。

  • 死亡保障
  • 入院保障
  • 老後、貯蓄保障

死亡保障とは万が一、死亡した場合の保障です。

定期保険、定期付終身保険、終身保険、無選択終身保険、変額保険などが死亡保障に該当します。

入院保障とは怪我や病気などで入院した場合に受けられる保障のことです。

医療保険、ガン保険、傷害保険、所得補償保険などが入院保障に当たります。

老後や子供の教育のためにお金を貯める老後・貯蓄保障も生命保険のひとつです。

養老保険、個人年金保険、変額個人年金保険、学資保険などが代表的です。

自分で貯金しようと思ってもなかなか貯めることができない人は老後・貯蓄保障を利用した方がいいかもしれません。

保険料と一緒に引き落とされるので、自然にお金が貯まっていきます。

保険会社によって商品の内容が異なる場合があるので、契約前にしっかりと確認を取るようにしてください。

生命保険の不安や疑問を解決し、「納得の行く保険選び」をしたいなら保険のプロによる無料相談サービスを受けてみるといいでしょう。

コチラの会社の保険アドバイザーは、どこの保険会社にも所属していないから、複数の保険会社の商品からあなたの状況に合わせて最適な保険をアドバイスしてくれます。

是非、一度、無料相談をしてみてください。

⇓ ⇓ ⇓

みんなの生命保険アドバイザー

生命保険はどうやって選べばいい?

生命保険を選ぶ場合、以下のようなことに注意してください。

  • 契約方法を決める
  • 無理のない保険料にする
  • 不要な保障はつけない

まず、契約方法を決めてください

生命保険に加入する場合、代理店型と通販型の2つの方法があります。

代理店型とは代理店の営業マンに相談しながら保険を契約する方法のことで、通販型とはインターネットや電話で直接保険会社と契約する方法のことです。

通販型の方が保険料が安くなりますが、専門家に相談できないので、自分の力では選べない場合は代理店型で契約した方がいいでしょう。

ただ、その場合は通販型よりも保険料が高くなります。

無理のない保険料にするというのも重要です。

保険料が高すぎて生活を圧迫してしまうケースも珍しくありません。

他の人がいくら支払っているから自分もそのくらい支払うというやり方ではなく、自分の収入に合った保険料に抑えてください。

そうしないと継続することができず、解約するはめになります。

保障を充実させるのは悪いことではありませんが、本当にそれが必要かどうか考えてください。

いらないものを外して、少しでも保険料を安くしましょう。

生命保険の不安や疑問を解決し、「納得の行く保険選び」をしたいなら保険のプロによる無料相談サービスを受けてみるといいでしょう。

コチラの会社の保険アドバイザーは、どこの保険会社にも所属していないから、複数の保険会社の商品からあなたの状況に合わせて最適な保険をアドバイスしてくれます。

是非、一度、無料相談をしてみてください。

⇓ ⇓ ⇓

みんなの生命保険アドバイザー

生命保険の仕組み

生命保険は難しいものだと思っている人が多いですが、仕組みを理解すれば苦手意識が軽減されるでしょう。

まず、生命保険は主契約と特約の2つで構成されています。

主契約とは生命保険の基礎となる契約のことです。

例えば、死亡保険金や年金などが主契約に該当します。

一方、特約はオプションだと考えてください。

オプションを色々つけることで、さらに保障を手厚くできます。

ただし、オプションをつければつけるほど保険料は高くなっていくので、たくさんつければいいというわけではありません。

たしかに保障は充実しますが、自分に必要のないものをつけていては、ただ無駄にお金を多く支払うことになります

これではもったいないので、自分にとって本当に必要なのかを考えた上でつけないといけません。

こうしてみると意外に生命保険の仕組みはシンプルです。

他にも覚えないといけないことや知っておかないといけないことはたくさんありますが、最低限この仕組みさえ理解していれば、生命保険を選び易くなるでしょう。

生命保険の不安や疑問を解決し、「納得の行く保険選び」をしたいなら保険のプロによる無料相談サービスを受けてみるといいでしょう。

コチラの会社の保険アドバイザーは、どこの保険会社にも所属していないから、複数の保険会社の商品からあなたの状況に合わせて最適な保険をアドバイスしてくれます。

是非、一度、無料相談をしてみてください。

⇓ ⇓ ⇓

みんなの生命保険アドバイザー

生命保険の告知義務違反をするとどうなる?

生命保険に加入する場合、嘘の申告をしてはいけないことになっています。

これを破ってしまうと告知義務違反になります。

仮に告知義務違反をした場合、以下のようなことが起こるので注意してください。

  • 契約解除
  • 取り消し

保険料が高くなるからといって故意に告知をしなかった場合、契約を強制的に解除されます。

この場合、これまでに支払ってきた保険料は戻ってきませんし、保険金をもらえる予定だったとしても支払いはされません。

ただ、告知義務と無関係の病気で死亡した場合などは保険金が支払われることがあります。

そして、詐欺行為だと判断された場合は契約を取りされます

もちろん、保険料は戻ってこないですし、本来はもらえる状況だったとしても保険金はもらえません。

さらに詐欺罪が適用され、法的に罰せられることもあるでしょう。

このように非常にリスクが伴うので、必ず告知義務を果たしてください。

うっかりと忘れてしまったという場合は速やかに保険会社に連絡をしましょう。

生命保険の受取人って誰でもいいの?

生命保険の受取人は誰でもいいのでしょうか?

結論からいうと受け取れる人は決まっています。

受取人は配偶者および二親等以内の血族までです。

二親等以内の血族とは祖父母、父母、兄弟、姉妹、子供、孫などを指します。

この条件に該当しない人は基本的に受け取ることができません

そのため、受取人を好き勝手に選ぶことはできないので注意してください。

ただし、保険会社によって「同居年数が長い」「結婚予定がある」などの条件をクリアすれば、婚約者や内縁の妻・夫でも受取人になれることもあります

条件は保険会社で異なるので、契約する際に確認してください。

また、受取人を複数にしたり、後から受取人を変更することもできます。

受取人の変更はいつでも可能なので、変更したい場合は保険会社にその旨を伝えてください

遺言によって受取人を変えることもできますが、書き方が間違っていたり、不備があったりすると無効になりますし、有効だと認められても支払いまでに時間がかかります。

生命保険の受け取りには税金がかかる?

生命保険の受け取りには税金がかかるのでしょうか?

結論からいうとかかります。

そして、税金は受け取り人を誰にするのかによって変わってきます

例えば、契約者と被保険者が夫で、受け取り人が妻や子供の場合は相続税になると思ってください。

契約者が夫、被保険者が妻で、受け取り人が子供の場合は贈与税になります。

さらに契約者が夫、被保険者が妻、受け取り人が夫の場合は取得税に該当します。

相続税、贈与税、取得税の3つのうち、最も有利なのが相続税です。

そのため、相続税にできるように受け取り人を考えた方を税金を無駄に支払わずに済みます。

ただ、家族構成や家庭環境が複雑な場合、どうすればいいのか迷うこともあるでしょう。

その場合は専門家に一度相談されてください。

弁護士に相談するとお金がかかってしまうので、担当の営業マンがいるのであれば、その人に相談してみてはいかがでしょうか。

税金が関わってくるので受け取り人を誰にするかは思っている以上に重要なことです。

生命保険料控除とはどんなもの?

生命保険に加入している人は、生命保険料控除というものを知っておかないといけません。

これを知っているかどうかで税金が安くなります。

生命保険料控除とは、一年間に支払った保険料に応じて定められた金額を所得から差し引き、税金を安くするというものです。

この手続きは確定申告で行うことができます

やらないよりもやった方が節税に繋がるので、面倒臭がらずに手続きを行ってください。

対象となる期間は1月1日~12月31日までに支払った保険料です。

会社員の場合、確定申告を行う必要がありません

会社からもらう給与所得者の保険料控除等申告書と保険会社からもらう生命保険料控除証明書を会社に提出すれば控除を受けることができます

生命保険料控除証明書を紛失してしまった場合、保険会社に再発行して欲しいと伝えれば、最後郵送してくれます。

自営業の場合は確定申告の時に手続きを行って、生命保険控除証明書を提出してください。

確定申告の方法は税務署に行くと丁寧に教えてくれます。