家計の節約というのは、主婦にとっては永遠のテーマであり、日々家計の節約にいそしんでいる人も多いと思います。

家計の節約をする場合には、いろいろと方法があると思いますが、いろいろと家計の節約をしているのにもかかわらず、家計をこれ以上節約できずに悩んでいる人も中にはいるかもしれません。

そのような人の場合には家計の節約をプロに見てもらうというのがいいかもしれません。

フリー雑誌や地域の新聞などでは、家計簿診断をプロに無料でしてもらえるというコーナーなどもありますから、自分で家計の節約をすることがわからなくなってしまった人の場合には、家計の節約をプロに診断してもらって、これから先どうすればいいのかアドバイスをもらうといいかもしれません。

アドバイスをもらうことで自分では見つけることができなかった家計の節約のポイントを知ることができていいかもしれません。

家計の節約を診断してくれるプロというのはファイナンシャルプランナーであったり、生活について専門に仕事をしている人であったり色々ですが、自分でお手上げになってしまった場合には、家計簿診断をしてもらう方が手っ取り早いですね。

家計簿診断をしてもらったことがある人は、いいアドバイスをもらえて参考になった人が多いようです。

節約と家計簿

節約をしている人の中には家計簿をきっちりとつけているという人もいると思います。

節約をするなら家計簿をつけて自分の家のお金の流れを把握する必要がありますがこれがなかなか難しかったりするんですよね。

節約をこれからしようと思っている人は、まずは家計簿をつけることから始めてみると、何が自分の家の中で無駄なのか、月末に集計したときによくわかると思います。

使途不明金が多いような場合には、使途不明金を減らして節約することにも十分につながりますよね。

節約のために家計簿をつける人の中には、なかなか家計簿が続かないという人もいますが、最近は主婦向けの雑誌にも家計簿が付録として付けられていますから、その節約家計簿を使ってみると使いやすくて、家計簿をつけるのが苦手だった人でも、手軽に無理なくストレスなくつけることができるのではないでしょうか。

毎月22万円で節約家計簿をつけている人で年間100万円をためたという人もいますから、家計簿をうまく利用して使っていけばきっと上手に家計をコントロールすることができるようになって節約につながるんでしょうね。

節約家計簿でやりくり上手な主婦になって、年間100万円とか貯金していきたいものです。

節約の方法

節約方法にはいろいろな種類があると思いますが、どんな節約方法があるでしょうか。

たとえば電気代の節約方法もあれば、ガス代の節約方法もありますし、水の節約方法など光熱費の節約方法と一言で言っても色々な方法があるのではないでしょうか。

最近はガソリン代が高くなってきましたからガソリン代の節約方法なんかも気になる人も多いと思いますし、オール電化で節約方法があるなら教えてほしいとか、エコキュートで節約方法があるなら教えてほしいと思っている人も多いと思います。

節約方法を知る場合には情報収集をするのが一番ですが、節約方法を手軽に知るなら節約方法が掲載されているブログを見るというのがいいかもしれませんね。

いろいろなブログで最近は節約方法が掲載されていますからとても役に立ちます。

携帯電話の通信料を節約する方法なんかも調べていると出てきますから参考にして携帯電話の節約もしたいですね。

環境に優しい節約方法や資源を減らす節約方法など、節約方法のジャンルは、多岐にわたっていますからまずは自分が手軽に始められる節約方法から見つけて実践していくというのがいいかもしれませんね。

節約と生命保険の見直し

節約と生命保険の見直しについてです。

節約したいと思っているけど生命保険で節約ができるのだろうかと思っている人も多いと思いますが、生命保険でも十分に節約することが可能です。

生命保険にはどのようにして加入しましたか?

きちんと保険会社の人の話を聞いた上で保険に入ったという人を除いては、あまり話も聞かず内容もわからないままとりあえず生命保険に入っているというケースが多いかもしれません。

生命保険というのは実は家の住宅ローンの次に長い期間お金を支払い続けるものだとされています。

ですから、生命保険のかけ方を間違えると節約どころか無駄なお金を支払っていることにもつながりますから生命保険をかける際には節約できるところは節約したうえで生命保険に加入するといいでしょう。

たとえばいくつか生命保険に加入しているという人の場合には、補償内容が同じ生命保険なら節約のためにもどちらかをやめるか、別の補償内容の生命保険に入りなおすなどして見直すことで節約につながりますし、医療保険や掛け捨ての保険でも入りすぎていないか、本当に自分にとって必要なのかどうかもきちんと考えたうえで見直してみると実際には必要ない生命保険があったりして節約につながります。

最近では、保険見直しのための無料相談もありますから、一度相談してみるのも一つの方法です。

相談するだけなら無料ですから、是非、一度相談してみてください。

親切、丁寧に相談に乗ってくれますよ。

⇓ ⇓ ⇓

保険マンモス

食費の節約

食費の節約については主婦が日々考えていることかもしれませんね。

少しでも日々の生活の中で節約できるところといえばやはり食費かもしれません。

食費の節約レシピを参考にしながら節約している人や食費の節約のためにまとめ買いをしている人など、いろいろな食費節約の方法があると思います。

食費節約の方法としては、まず献立は1週間分まとめて決めている人も多いですね。

そしてまとめて決めた献立を元に、食費を節約するためにまとめ買いリストを作ります。

まとめ買いリストを作れば、余計なものを買う必要がありませんから、それだけ食費を節約することができます。

どうしても、買い物に何度もいくとそのたびにパンを買ったりお菓子を買ったり余計なものをついつい買ってしまいます

安いからといって色々と買いこんで結局は腐れせて使いきれなかったということもよくあることです。

それでは何のために安い買い物をしているのかわかりませんし食費の節約にはなりません。

食費を節約して家計を助けたいと思っているのであれば、食費を削るためにどれくらいの割合削ればいいか考えてみるといいですね。

一人暮らしの人でも十分食費は節約することができます。

光熱費の節約

光熱費の節約の方法は各家庭色々な方法があると思いますが、意外と光熱費の節約は春、秋のシーズンには節約をしなくてもおさまっているものですから助かりますが、問題は夏の光熱費と冬の光熱費です。

夏の光熱費はクーラー代と水代が問題になってきますが、冬の光熱費は暖房費もありますから秋や春に比べるとかなり光熱費が高くなってしまうことが悩みです。

冬の光熱費としてかかるのが、お風呂を沸かす際のガス代ですが、光熱費の節約としては、ガス代を抑えるならまず、追いだきの回数を減らすのが一番です。

家族が多くてバラバラにお風呂に入っている場合には、お風呂に立て続けにはいるようにして光熱費を節約させましょう。

また冬の光熱費の節約ではホットカーペットを一日中つけていることによる電気代がかさんでしまいますから、ホットカーペットも全面につけるのではなくて、ひとがいる場所だけを指定して部分的につけるなどして光熱費の節約をしなければいけません。

水道代についてはおふろの残り湯を洗濯に使用したりして、光熱費の節約に役立てるのが一番ですね。他にもお風呂の残り湯は、掃除や、植木の水やりにも使えますから、考え方次第で光熱費の節約は十分可能です。

自分ができないような節約方法を無理して続けても長続きしないと思います。

電気代の節約

電気代の節約として何かやっていることはありますか?

たくさんの人が、電気代の節約として夏ならエアコンを使うのをがまんしたり、夜だけエアコンをつけるようにして電気代を節約しています。

また冷蔵庫の電気代を節約するために、冷蔵庫の中に、ビニールのカーテンをつけるようにして冷気を逃さずに電気代の節約をしています。

この冷蔵庫の電気代の節約の方法としてカーテンをつけている人は意外に多いかもしれませんね。

またこまめにコンセントを抜いて待機電力を減らして電気代の節約をするというのもいい方法かもしれません。

電気代の節約の方法は考え方次第で色々とありますから自分ができることをすればいいと思います。

コンセントを抜くのが面倒だという人の場合には、コンセントを抜かなくても待機電力がかからないタイプの節約延長コードなども販売されていてスイッチ一つで電気代が節約できるようになっていますから、電気代の節約には節約グッズを利用しながら努力してみるというのもいいかもしれませんね。

最近は個人で電気代の節約に努めているだけでなく、マンションの管理組合も電気代の節約をするためにいろいろと決まりごとを決めたりしながら電気代節約に取り組んでいるところがたくさんあります。

水道代の節約

水道代の節約をしようと思ったらどんな方法があるでしょうか。

水道代の節約の方法としてはたとえば、一番簡単で手がいできることとしては、歯を磨くときや顔を洗うときに蛇口の水が出っぱなしになっているならとめるということや、台所で食器や調理器具の洗い物をするときには、洗っている間は水を止めておくことが大切です。

水を出しっぱなしにするということが一番水の無駄遣いになりますからそれをやめることで水道代の節約につながると思います。

水道は1分間に12リットルでるといわれていますからそれを毎日気をつけるだけでも十分水道代を節約することはできるのです。

そして水道代の節約としてはお風呂の水を出しっぱなしにしないということも大切なことです。

お風呂の水を出しっぱなしにしないことだけでも十分な水道代の節約につながります。

そしてそのお風呂の水をどうするかですが、洗濯物に使うと節約になりますし、車を洗うときなどは、最初に汚れを落とすときにお風呂の水を使うと水道代の節約になります。

もちろん植物の水やりにもお風呂の水を使えば水道代の節約になりますね。

水道代の節約をする際に蛇口につける節水コマというものがあるのですが、節水コマをつけるだけで水道代の節約になりますし、お風呂のシャワーにおいては、節水シャワーヘッドに取り換えるだけでも水道代の節約になります。