動脈硬化とは、動脈にコレステロールなどが溜まって硬くなり、血液の流れが悪くなった状態です。

血液の流れが悪くなると、体の組織に栄養や酸素を届けることができないため、様々な障害が起こるでしょう。

場合によっては命を落とす可能性もあるので、注意しないといけません。

そして、動脈硬化は生活習慣と非常に大きく関係しており、食生活の乱れや睡眠不足、過度なストレス、運動不足などが原因で発症します。

動脈硬化になると、体に様々な症状が現われますが、初期症状の場合だと気付かないケースが大半です。

そのため、気付いた時には症状が悪化していて、他の病気を併発している場合もあります。

動脈硬化の症状は、以下の通りです。

  • 手足のしびれ
  • めまい
  • 頭痛
  • 動悸
  • 息切れ
  • 足の冷え
  • 傷が治りにくい

このような症状を感じた場合、動脈硬化が進行している可能性があるので、早めに病院に行って検査をしてください。

また、動脈硬化を防ぐためにも、生活習慣を見直すようにしましょう。

動脈硬化って検査でわかるの?

動脈硬化は自覚症状が乏しいため、自分では気付かない可能性があります。

そのため、生活習慣に問題を抱えている場合は、体に異変がなくても念のために検査を行ってください。

検査を受けることで、動脈硬化かどうかがわかります。

動脈硬化の検査で使用される方法は、以下の通りです。

  • 心電図
  • 超音波検査
  • CT、MRI
  • 血流シンチグラム
  • カテーテル検査
  • PWV(脈波伝播速度)検査
  • ABI(足関節上腕血圧比)検査

動脈硬化になると心臓の機能に異常が見られるため、心電図検査が行われます。

また、心臓や血管の超音波検査で、動脈硬化の疑いがあるかを判断することもあるでしょう。

CTやMRIを使用したり、血流シンチグラムを用いて検査を行う場合もありますし、カテーテルを使って検査をするケースもあります。

それに、PWV(脈波伝播速度)とABI(足関節上腕血圧比)で、動脈硬化の可能性がないかを判断することができるため、健康診断などでもよく行われている検査方法です。

これらのうち、どの方法で検査するのかは、病院や医師によっても異なります。

動脈硬化と血圧って関係あるの?

動脈硬化と血圧には、とても深い関係があります。

高血圧になると血管に大きな負担をかけてしまって、動脈が硬くなり、動脈硬化を発症させやすい状態になります。

そのため、高血圧の方は動脈硬化を併発させる可能性が高いです。

つまり、高血圧を防ぐことが動脈硬化の予防にも繋がるでしょう。

例えば、以下のような人は高血圧になりやすいと思ってください。

  • 味付けが濃いものを好む
  • 野菜を全く食べない
  • 運動不足
  • ストレスを溜めている
  • 喫煙をしている
  • お酒が好き
  • 血糖値が高い
  • 脂っこいものをよく食べる

このように、食生活が乱れている人や運動を普段していない人、ストレスが溜まりやすい人は、高血圧になりやすいので注意が必要です。

高血圧を予防するためにも、栄養バランスの取れた食事をすること、適度な運動をすること、ストレスを溜めないことなどが重要になってきます。

これは高血圧はもちろん、動脈硬化を予防するためにも有効なことなので、今からでも実践してみてはいかがでしょうか?

動脈硬化と足の痛みって関係ある?

動脈硬化になると、足に痛みを感じることがあります。

例えば、以下のようなケースは、動脈硬化の疑いがあると思ってください。

  • 一定の距離を歩くと足に痛みを感じる
  • 少し休むと足の痛みが取れる
  • 階段を上がるのが辛い

一定の距離を歩くと足に痛みを感じ、休むと痛みがひくという場合は、動脈硬化の疑いが強いです。

また、階段を上がるのが辛いという場合も、動脈硬化の可能性が高いといえます。

では、どうして動脈硬化になると、足に痛みを感じるのでしょうか?

それは、動脈硬化になった場合、足に必要な血液を送ることができないからです。

そうすると、乳酸が蓄積されてしまって、足の痛みを起こします。

そして、足に動脈硬化の症状が現れた場合、他の部位でも動脈硬化が起こっている可能性があります。

痛みを我慢できるからといって放置すると症状を悪化させ、重大な病気を引き起こす原因になるので、足が疲れやすいと感じたり、足に痛みがある場合は早めに検査を行うようにしましょう。

症状が軽ければ、生活習慣や食生活を改善するだけで治療することも可能です。

動脈硬化の危険因子

代表的な動脈硬化の危険因子は、以下の通りです。

  • 肥満
  • 脂質代謝異常
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 喫煙
  • 体質(遺伝)

肥満になるとコレステロールや中性脂肪が増加するため、動脈硬化を発症させる可能性が高まります。

また、肥満の状態を放置してしまうと、高血圧や糖尿病にもなりやすいです。

脂質代謝異常は、超悪玉コレステロールを増やす原因なので、動脈硬化の危険因子に数えられています。

高血圧や糖尿病は動脈硬化を促進させてしまいますし、心筋梗塞や脳卒中といった命に関わる重大な病気の発症リスクを高めます。

そして、喫煙をすると血管が収縮してしまうので、動脈硬化になりやすいです。

さらに、活性酸素を増加させて、コレステロールの酸化を促す働きもあるため、注意しなくてはいけません。

もし、動脈硬化になっている人が家族内にいるのであれば、自分もその体質を受け継いでいると思った方がいいでしょう。

これらは動脈硬化の危険因子なので、発症を防ぐためにも見直せるものは見直すようにしてください。

動脈硬化指数

動脈硬化指数とは、動脈硬化の発症のしやすさを表した数値のことです。

(総コレステロール値-HDLコレステロール値)÷HDLコレステロール値という計算方法で求めることができます。

この数値が低ければ低いほど動脈硬化が起こりにくく、高ければ高いほど起こりやすいです。

数値4というのが基準となるので、これ以上の数値の場合は動脈硬化が起こりやすいと思ってください。

逆に、4以下の場合、今のところは動脈硬化の心配をする必要はないでしょう。

この数値だけでは血栓の有無を判断することはできませんが、動脈硬化指数が4以上の人は血栓ができている可能性が高いので、早めに精密な検査を受けることをオススメします。

コレステロールと聞くと悪いイメージが強いかもしれませんが、体にとって重要な物質ですから、安易に悪いと決め付けないでください。

通常は、HDLコレステロール(善玉コレステロール)とLDLコレステロール(悪玉コレステロール)のバランスが取れています。

でも、LDLコレステロールが増加してしまうと、動脈硬化を引き起こしてしまうため、注意が必要なのです。

飲酒すると動脈硬化予防になるの?

飲酒すると動脈硬化予防になるといわれていますが、これはあくまでも適量の場合です。

適量であれば、善玉コレステロールを増やすことができ、動脈硬化予防に繋がります。

特に赤ワインにはポリフェノールという成分が含まれており、これが動脈硬化予防に効果的です。

そのため、お酒を飲むという行為は、適量であれば動脈硬化予防に有効だといえます。

ただし、お酒の飲みすぎは、逆に動脈硬化を引き起こす原因になりかねません。

適量とは、ビールであれば大瓶1本、日本酒なら1合ほどです。

この量を超してしまうと過剰摂取になってしまって、動脈硬化を促進させてしまいます。

また、必ずしもお酒を飲むことが動脈硬化予防に繋がるという訳ではありません。

その人によって生活習慣や体質が異なるため、場合によっては適量でも動脈硬化を促進させることもあります。

すでに動脈硬化になってしまった人は、少しのお酒でも症状を悪化させてしまう可能性があるので、医師と相談しながら飲むようにしてください。

動脈硬化はどうやって治療するの?

一般的に行われている動脈硬化の治療方法は、以下の通りです。

  • 食事療法
  • 運動療法
  • 薬物療法

動脈硬化になった場合、必ず行うのが食事療法です。

偏った食事をしている人の場合には、栄養バランスを考えた食事に改善する必要があります。

また、食べ過ぎない、コレステロールの過剰摂取に注意する、食物繊維を積極的に摂取する、過度なアルコール摂取を避ける、水分を摂るといったことも大事です。

また、運動療法も動脈硬化の治療に効果的だといわれています。

特に、有酸素運動のウォーキングは非常に効果があるといわれており、肥満防止にも繋がるでしょう。

毎日30分以上続けていくと、動脈硬化が改善していくはずです。

そして、食事療法や運動療法では改善しない場合に行われるのが、薬物療法です。

血圧降下薬、経口血糖降下薬、HMG-CoA還元酵素阻害薬といった薬が使用されます。

一度、薬を使用してしまうと一生その薬に頼ることになるかもしれないので、できる限り食事療法や運動療法で改善したいところです。

機能性表示食品 難消化性デキストリン配合 快糖茶

生活習慣、食生活を見直したい人へおすすめ

難消化性デキストリンが食後に上がる血糖値や中性脂肪を抑えます。

1日あたり一袋をお水または、お湯に溶かして、食事と一緒に飲むだけで、簡単。

緑茶なので、続けやすい、さらに国産100%使用なので、安心です。

更に緑茶末の他にも玄米粉や抹茶も配合しているので、栄養もたっぷり含んでいます。

快糖茶

肥満予防に効果が期待できる成分

カテキン、タンニン、カフェイン、葉緑素、GABA(r-アミノ酪酸)

抹茶にはビタミンも豊富に含まれています

ビタミンC、ビタミンA、ビタミンE

むくみの予防効果

カフェイン、カリウムの利尿作用により、体の余分な水分も排出し、むくみ予防に効果があると言われます。

便秘対策

不溶性植物繊維はお腹のなかで水分を吸収するので、腸のぜん動運動を促して、便秘対策に有効です。

アンチエイジングサポート

カテキンの抗酸化作用により、美容にメリットがあるだけでなく、目、血管、内蔵の老化を抑える作用も期待できます。

他にも日本茶の優れた効果が期待できます

不眠改善、月経前症候群症状緩和、更年期障害症状緩和、疲労回復・覚醒、リラックス作用、血流改善、整腸作用、血中コレステロール抑制、虫歯・口臭予防、抗アレルギー作用

利用者の声

Y.Kさん(52歳)

飲みやすいから、毎日続けるのが、全くくじゃない!

はじめは食生活が、不規則な夫のために購入しましたが、いつの間にか私も一緒にお世話になっています。

機能性のお茶は苦いイメージでしたが、快唐茶はすっきりしていて、思った以上に飲みやすくびっくりしています。

普段の食事に取り入れやすくて、どんな食事にも合います。

すっかり生活の一部になってしまい、最近は快糖茶がないとなんだか不安になるくらいです(笑)

A.Sさん(44歳)

糖と脂肪にWで効くのがすごいお得に感じます!

昔から甘いものが大粋なのですが、健康を考えるとこのままでいいのか不安になってしまいました。

たまたまネットで快唐茶を見つけ、糖と脂肪の両方に働き、食後の中性脂肪や血糖値を抑えてくれるのを知って、即購入。

しかも普段のお茶の代わりに飲むだけでいいから続けやすい!

今までいろいろなものを試してきましたが、私にはこれが一番合っていると思います。

T.Hさん(38歳)

お酒や脂っこい食べ物のお供です!いつも活躍しています!

35歳を過ぎたころ、初めて数値の指摘をされました。

でも仕事柄、飲み会も多く、ついつい脂っこいものや炭水化物を食べすぎてしまいます。

「今のままではやばい」と思っていたときに、知人から勧められたのが、快糖茶でした。

お茶なら毎日続けられそうと思い、始めてみました。

飲み会や脂っこいものを食べる前には必ず快糖茶を飲むようにしています。

健康に自信が持てるようにこれからも続けていきます。

成分・効能

難消化デキストリン

  • 糖の吸収を緩やかにし、血糖値の上昇を抑える。
  • 食事の脂肪の吸収を遅らせ、中性脂肪の上昇を抑える

機能性表示食品 難消化性デキストリン配合 快糖茶の詳細はコチラ

⇓ ⇓ ⇓

快糖茶