家庭用脱毛器の種類は、以下のように大きく3つに分けることができます。

  • フラッシュ方式
  • レーザー方式
  • サーミコン方式

フラッシュ方式とは光のエネルギーで毛根を破壊する脱毛方法で、エステでも採用されています。

肌に優しく痛みが少ない、照射範囲が大きく一度の照射で広範囲を処理できるというのが特徴です。

レーザーの力で毛根を破壊するレーザー方式は、脱毛クリニックでも採用されていることで知られています。

脱毛パワーはフラッシュ方式よりも高いですが、肌への負担が大きい、痛みが強い、照射範囲が狭いというのがデメリットです。

サーミコン方式熱エネルギーでムダ毛を焼き切るという脱毛方法なので、どちらかというと除毛処理に近いかもしれません。

手軽に使用できるというメリットがありますが、肌への負担が非常に大きいですし、火傷をする恐れもあります。

それに、ムダ毛が焼けるニオイが嫌だという人も少なくありません。

家庭用脱毛器の種類によってそれぞれ特徴があるので、自分に合ったものはどれかじっくりと考えてから購入しましょう。

ケノン新型2019

脱毛器は危険じゃない?

脱毛器で肌荒れや火傷をしないか不安ですよね?

基本的に、最新の脱毛器なら、危険性は少ないと思ってください。

肌への刺激が少ないので、使い続けても肌荒れをしたり、火傷をしてしまうようなことはありません。

特に、フラッシュ方式の脱毛器であれば、まずそういったことはないです。

ただし、どんなに性能に優れた脱毛器でも使い方を誤ってしまうと、大変な事態を引き起こします

使う時の注意点は、以下の通りです。

  • 目の周りには使わない
  • 肌に不安を感じている人は慎重に行う
  • 脱毛前後に肌を冷やす
  • パワーに注意する

目の周りに使用すると失明する恐れがあるので、絶対に使ってはいけません。

そのため、顔の脱毛をする場合は十分に注意しましょう。

脱毛器によっては専用のサングラスがついていますから、それを装着して体の脱毛を行ってください。

アトピー肌や敏感肌、酷い乾燥肌の人は肌荒れをしやすいので、注意しましょう。

少し使ってみて無理だと思った場合は、使用をすぐに中止してください。

また、脱毛前後に肌を冷やすことで、肌荒れを防止することができます。

パワーを最大にして使用すると、その分、肌への負担が大きいので、肌状態に合わせて調整してください。

脱毛器って痛くない?

脱毛器は痛いという印象が強いですが、実際のところ、どうなのでしょうか?

最新の脱毛器は、一昔前のものとは比べものにならないほど性能が高く、痛みへの対策も万全です。

種類によって異なりますが、フラッシュ方式の脱毛器なら、ほとんど痛みは感じないと思っていいでしょう。

感じるとしても我慢できないほどではないので、ストレス無く使い続けることができるはずです。

ただ、レーザー方式になると、フラッシュ方式よりも痛みが強くなります

痛みが強くて使い続けることができないものもありますし、肌荒れをする場合もあるので注意しないといけません。

サーミコン方式の場合は痛みよりも、熱さを感じるでしょう。

痛みに敏感な人は、最も刺激が少ないフラッシュ方式の脱毛器を使用された方がいいです。

また、痛みは脱毛する場所や脱毛の仕方によっても変わります。

皮膚が薄いデリケートな部分や毛が濃い部分に使用すると、痛みが強いです。

それに、脱毛前に肌を冷やすという一手間を省いてしまうと、痛みが強くなるので気をつけてください。

ケノン新型2019

脱毛器は音がうるさいの?

脱毛器を使用している時に音がうるさいと、脱毛していると気付かれてしまって恥ずかしい思いをするかもしれません。

では、実際、そのようなことはあるのでしょうか?

音の大きさは脱毛器によって異なるので、音が大きいものを購入してしまうと騒音に感じる可能性があります。

アパートの場合、深夜に使うと隣人に迷惑をかける可能性もあるので、注意しましょう。

音が気になるのであれば、なるべく静音性に優れたものを選ぶようにしてください。

静音性に優れたものならドライヤーの音よりも小さく、近所の人に迷惑をかけることもありません。

中には、ほとんど音がしないようなタイプもあるので、同居している人にも気付かれたくない場合はそういった脱毛器を探した方がいいでしょう。

ただ、音が小さいものほど価格が高かったり、脱毛パワーが弱い傾向があります。

そうすると、経済的な負担が大きかったり、脱毛効果を実感できない可能性があるので、バランスを考えながら選ぶようにしてください。

脱毛器の価格っていくらぐらい?

脱毛器を購入しようと思った場合に、最初に頭をかすめるのが価格ですよね。

一般的に、脱毛器は高いイメージがあり、お金に余裕がないと買えないと思っている人が多いはずです。

では、どのくらいで購入することができるのでしょうか。

脱毛器にはピンからキリまであるので、価格も大きく異なります。

安いものであれば2万円台で買えますが、高いものだと10万円以上すると思ってください。

基本的に、価格の高さは性能の良さに直結するものの、安いからといって効果がない訳ではありません。

2万円台から3万円台の手頃な脱毛器でも、しっかりと選べば十分効果を得ることができます。

逆に、10万円以上するような高額な脱毛器でも、性能が悪くて脱毛効果を実感できないものも存在するので、価格だけで選ぶのは危険かもしれません。

とはいえ、あまりにも激安の脱毛器は性能が悪い可能性が高いですから、そのことを理解した上で購入しましょう。

それから、消耗品が必要な場合には、本体価格と合わせて消耗品にかかる費用も考慮してください。

ケノン新型2019

脱毛器の選び方のポイントはどこ?

脱毛器の選び方のポイントは、以下の通りです。

  • 脱毛パワー
  • 肌に優しい
  • コストパフォーマンス
  • 使用可能範囲
  • 照射範囲

脱毛パワーが弱いと、いくら使っても変化が見られないので、使用する意味がありません。

価格は多少高くても、きちんと脱毛効果があるものを選ぶようにしてください。

それに、肌に優しくないと、肌荒れや火傷をしてしまうので注意しましょう。

刺激が少なく、肌へのダメージが少ないものを選んでください。

また、脱毛器を選ぶ時は、絶対にコストパフォーマンスにこだわらないといけません

コストパフォーマンスが悪いものを使用すると、脱毛サロンに通った方が安くなるケースがあります。

消耗品の価格なども、事前にしっかりと考慮した上で選びましょう。

脱毛器によって使用可能範囲は異なるので、どこに使用できるのかも確認してください。

顔とVラインは、使用できない脱毛器が多いです。

そして、照射範囲が狭いと脱毛に時間がかかるので、できれば広いものを選びましょう。

これらのことを意識して購入すれば、失敗しないはずです。

ケノン新型2019

脱毛器と脱毛サロンはどっちがいい?

脱毛を考えた場合、脱毛器と脱毛サロンのどっちがいいのか、迷われるかと思います。

しかし、どちらにもメリットとデメリットがあるので、一概にどちらがいいとはいえません

それぞれのメリットとデメリットを理解して、どちらが自分に合っているのかを考えてください

例えば、仕上がりの良さにこだわるなら、脱毛サロンに通われた方がいいでしょう。

脱毛器の性能も上がっていますが、やはり、プロの技術と業務用の脱毛器には敵いません。

さらに、脱毛サロンの方が安全性が高く、安心して脱毛ができます。

綺麗に脱毛したい人や痛みに敏感な人、肌状態に不安を感じる人は、脱毛サロンがいいかもしれませんね。

そして、自宅で手軽に脱毛したい場合は脱毛器がいいでしょう。

時間がないから脱毛サロンに通えない、Vラインを脱毛したいけど人に見られるのは恥ずかしい、予約を取るのが面倒といった場合におすすめです。

また、使い方次第では脱毛器の方が圧倒的に安く脱毛できるので、お金を節約したい人にも向いています。

産毛やアンダーヘアも脱毛できる?

産毛やアンダーヘアも脱毛器で処理することが可能なのか、気になりますよね。

結論からいうと、可能です。

ただし、産毛やアンダーヘアの脱毛に対応しているというのが条件になります。

脱毛器の中には、そういった箇所に対応しているものと対応していないものがあるので注意してください。

もし、産毛やアンダーヘアの脱毛をしたいなら、必ず対応しているものを選びましょう。

していない脱毛対応器で産毛やアンダーヘアを処理すると、刺激が強すぎて火傷や肌荒れをする恐れがあります。

そして、仮に対応しているものでも肌荒れを起こす可能性があるので、デリケートな部分を処理する際はパワーを抑えながら慎重に行ってください。

慣れてきたら少しずつパワーをあげていくというのが、安全に脱毛するポイントです。

そのため、できればパワーを調整できるタイプを購入した方がいいでしょう。

パワー調整ができないものだと、デリケートゾーンに大きな負担をかけてしまうので危険です。