眼精疲労の原因は、以下の通りです。

  • 視力の低下
  • 目の病気
  • 体の病気
  • 目の酷使
  • 精神的ストレス

視力が低下するとピントを合わせるのに苦労するので、目が疲れてしまいます。

度数が合わないメガネやコンタクトレンズの使用も、眼精疲労を生む原因です。

ドライアイ、緑内障、白内障、眼瞼下垂といった目の病気が原因となる場合もあります。

また、眼病だけで無く、更年期障害や風邪、インフルエンザ、自律神経失調症など、体の病気が原因で眼精疲労が起きるケースも珍しくありません。

テレビやパソコン、スマホなどの画面を見る時間が長かったり、読書を長時間することで、目を酷使してしまうのも発症原因の一つです。

それに、精神的なストレスが原因で眼精疲労を引き起こすこともあります。

眼精疲労を引き起こす原因として、このようなことが考えられるので、該当するものがないか確認してみてください。

時には複数の原因によって起こることもありますから、あてはまりそうなものは改善してみるといいでしょう。

日々の生活の中で気になる、疲れ目かすみ目

長時間のデスクワークによるドライアイなどの症状に3種のベリーとルテインがオススメです。

レスベラトールも配合でパワーアップ

お得な定期便でお届けします!

疲れ目・かすみ目に【アサイベリープラチナアイ】

⇓ ⇓ ⇓

頭痛が起こる眼精疲労の対処法

眼精疲労になると、頭痛を引き起こす可能性があります。

頭痛が起こる眼精疲労の対処法は、以下の通りです。

  • 目の周りの凝りを解消する
  • 不規則な生活を見直す
  • 栄養バランスのいい食事を心がける
  • 運動をする

目の周辺の筋肉が凝ってしまうと眼精疲労を引き起こし、頭痛を発症させてしまいます。

頭痛を改善するためにも、この凝りを解消しないといけません。

蒸しタオルで目の周りを温める、定期的に目を閉じるといったことが効果的です。

また、不規則な生活を見直すことで改善することができます。

睡眠時間を十分に確保し、ストレスをあまり溜めないようにしてください。

それに、食生活が乱れてしまうと眼精疲労からの頭痛を発症させやすくなるので、栄養バランスのいい食事を心がけるようにします。

適度な運動をして、血液の流れを良くするというのも改善に繋がります。

もちろん、眼精疲労ができるだけ起こらないように気をつけることも大切でしょう。

眼精疲労は頭痛だけではなく、めまいや肩こりなども起こしますから、できるだけ早めに対処する必要があります。

日々の生活の中で気になる、疲れ目かすみ目

長時間のデスクワークによるドライアイなどの症状に3種のベリーとルテインがオススメです。

レスベラトールも配合でパワーアップ

お得な定期便でお届けします!

疲れ目・かすみ目に【アサイベリープラチナアイ】

⇓ ⇓ ⇓

目薬で眼精疲労って改善する?

目薬を使用することによって、眼精疲労は改善できます。

ただし、自分に合ったものを使用しないと意味がありませんから、症状に合わせて目薬を選ぶようにしましょう。

例えば、目のピントが合わないために眼精疲労を発症させている場合は、ネオスチグミンメチル硫酸塩、ビタミンB12、活性型ビタミンB2といった成分が含まれているものを選んでください。

これらの成分には、目のピントを改善する働きや目の疲れを解消する働きがあります。

また、デスクワークによって目を酷使しているのであれば、コンドロイチン硫酸ナトリウムやビタミンB12、活性型ビタミンB2などが配合された目薬を使ってください。

コンドロイチン硫酸ナトリウムは目を保護する働きがあるので、目の使い過ぎによる疲労を緩和させるのに有効です。

それに、保湿効果もあるため、ドライアイが原因で眼精疲労を起こしている時にもいいでしょう。

ドライアイによる眼精疲労には、涙に近い成分である塩化カリウムや塩化ナトリウムが含まれた目薬もオススメです。

さらに、ドライアイは目がデリケートな状態になっているので、刺激が少ないものを選ぶ必要があります。

そのため、防腐剤が配合されていないというのも選ぶ際のポイントです。

日々の生活の中で気になる、疲れ目かすみ目

長時間のデスクワークによるドライアイなどの症状に3種のベリーとルテインがオススメです。

レスベラトールも配合でパワーアップ

お得な定期便でお届けします!

疲れ目・かすみ目に【アサイベリープラチナアイ】

⇓ ⇓ ⇓

眼精疲労って薬で治せるの?

やっかいな眼精疲労を薬で治すことは可能なのでしょうか?

結論からいうと、薬では完治させるのは難しいです。

眼精疲労に効果的な薬は確かにあり、それを使用することによって症状は改善されます。

しかし、眼精疲労の原因を解消しない限り、薬の使用を止めるとすぐに症状が再発してしまうので、根本的な解決にはなりません。

そのため、病院で処方される眼精疲労の薬は、症状を一時的に改善することしかできないと思ってください。

眼精疲労そのものを完全に治したいのであれば、まずは原因を考えて、それに合った対処をすることが重要です。

例えば、デスクワークをされている方の場合だと、目をたくさん使うことが原因だと思われます。

仕事の合い間に適度に休憩を入れて目を休ませたり、目の乾きを防ぐためにまばたきの回数を意識して増やすといったことが有効です。

また、病気が原因で眼精疲労を起こしている場合は、病気を治さないと症状が改善されないので、原因となる病気の治療に専念してください。

日々の生活の中で気になる、疲れ目かすみ目

長時間のデスクワークによるドライアイなどの症状に3種のベリーとルテインがオススメです。

レスベラトールも配合でパワーアップ

お得な定期便でお届けします!

疲れ目・かすみ目に【アサイベリープラチナアイ】

⇓ ⇓ ⇓

眼精疲労に効く漢方

眼精疲労を改善したい場合、漢方を使用するのもいいでしょう。

漢方は病院で処方される薬とは違って副作用が少ないので、安全に使用できます。

即効性が無かったり、効果に個人差があるというデメリットも存在しますが、体質によっては劇的に眼精疲労を改善することが可能です。

例えば、以下のような漢方は、眼精疲労に効果的だといわれています。

  • 補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
  • 六味丸(ろくみがん)
  • 小建中湯(しょうけんちゅうとう)
  • 清暑益気湯(せいしょえっきとう)

補中益気湯には目の疲れだけではなく体全体の疲れを解消したり、肌トラブルを改善する作用があります。

六味丸は眼精疲労や夜間頻尿、性機能低下、肌乾燥に効果的な漢方で、体力が低下している人に向いています。

小建中湯には眼精疲労の原因でもある胃腸の乱れを整える働きがあるので、アルコールをよく飲まれる方におすすめです。

清暑益気湯は眼精疲労をはじめ、夏バテによる食欲不振、倦怠感などにも効果を発揮します。

日々の生活の中で気になる、疲れ目かすみ目

長時間のデスクワークによるドライアイなどの症状に3種のベリーとルテインがオススメです。

レスベラトールも配合でパワーアップ

お得な定期便でお届けします!

疲れ目・かすみ目に【アサイベリープラチナアイ】

⇓ ⇓ ⇓

眼精疲労に効くツボ

眼精疲労を改善したい場合、ツボを刺激するというのも1つの方法です。

私たちの体には、目の疲れを和らげるツボが存在します。

それらのツボを刺激することによって、やっかいな眼精疲労を解消できるかもしれません。

眼精疲労に効果があるツボは、以下の通りです。

  • 睛明(せいめい)
  • 承泣(しょうきゅう)
  • 瞳子りょう(どうしりょう)
  • 太陽(たいよう)
  • 肩井(けんせい)

睛明は目頭と鼻の付け根の間にありますから、ここをグッと押すように刺激しましょう。

また、瞳の中心の下にある承泣を指の腹を使って刺激すると、目の疲れが緩和されます。

この承泣から指1本分ほど外側の瞳子りょうは、優しく刺激するようにしてください。

太陽は目と眉の間にあるツボで、徐々に力を入れるようにして押します。

このツボは、少し痛みを感じるまで押すというのがポイントです。

肩井は肩の筋肉の中心にあって、やや強めに刺激すると効果があります。

毎日時間がある時にでも、これらのツボを刺激するようにしてください。

ただ、あまりにも強く刺激しないように注意しましょう。

日々の生活の中で気になる、疲れ目かすみ目

長時間のデスクワークによるドライアイなどの症状に3種のベリーとルテインがオススメです。

レスベラトールも配合でパワーアップ

お得な定期便でお届けします!

疲れ目・かすみ目に【アサイベリープラチナアイ】

⇓ ⇓ ⇓

眼精疲労はアロマで改善するの?

眼精疲労に悩まされている人は、アロマの力を借りてみるのもいいかもしれません。

アロマの中には、目の疲れや目の周りの凝りを解消させるものがあります。

例えば、以下のようなものは眼精疲労に効果的です。

  • ローズマリー
  • ラベンダー
  • ペパーミント
  • マージョラム
  • ユーカリ
  • ローマンカモミール

洗面器にお湯を入れて、その中にこの中から好きなアロマオイルを選び、2滴ほど垂らしてください。

よく混ぜてタオルを入れ、固く絞って蒸しタオルを作ります。

このタオルを目の上に置いて、しばらく置くのがオススメです。

目に熱を感じる場合は、冷却作用があるペパーミントやユーカリを使うようにしてください。

目の奥に強い痛みを感じる時には、血行を促進してくれるローズマリーやマージョラムなどがいいでしょう。

また、アロママッサージをするというのも、眼精疲労の改善に効果的です。

ただし、アロマオイルには種類によって様々な禁忌事項があるので、使用する前に必ず確認するようにしてください。

日々の生活の中で気になる、疲れ目かすみ目

長時間のデスクワークによるドライアイなどの症状に3種のベリーとルテインがオススメです。

レスベラトールも配合でパワーアップ

お得な定期便でお届けします!

疲れ目・かすみ目に【アサイベリープラチナアイ】

⇓ ⇓ ⇓

眼精疲労と飲酒の関係

眼精疲労と飲酒は全く関係がないように感じますが、実は深く関わっているのです。

飲酒をすると、肝臓がアルコールを分解しようと活発に働きます。

適量であれば問題ありませんが、過剰にアルコールを摂取してしまうと分解が追いつかなくなり、肝機能を低下させる原因になりかねません。

肝機能が低下すると血液の循環が悪くなってしまうため、体に様々な影響を与えるのですが、それは目も例外ではありません。

これは、血液の循環が悪くなると十分な酸素や栄養を目に届けることができず、目に大きな負担をかけることになるからです。

そのため、お酒が好きな方は眼精疲労になる可能性が高いと思っていいでしょう。

飲酒による眼精疲労を改善するためにも、くれぐれもアルコールの過剰摂取は避けてください。

また、毎日飲酒されている方は、定期的に休肝日を設けるというのも重要です。

過度な飲酒は眼精疲労だけでは無く、緑内障や白内障、糖尿病網膜症といった目の病気を発症させる要因にもなります。

日々の生活の中で気になる、疲れ目かすみ目

長時間のデスクワークによるドライアイなどの症状に3種のベリーとルテインがオススメです。

レスベラトールも配合でパワーアップ

お得な定期便でお届けします!

疲れ目・かすみ目に【アサイベリープラチナアイ】

⇓ ⇓ ⇓