キレイに痩せたい人はフラダンスを始めてみてはどうでしょうか?

「フラダンスくらいで痩せられるの?」と思うかもしれませんが、みなさんが想像している以上に体力を使います

意外と体力を使う踊りなので、ダイエット効果が期待できます。

特に効果的なのが腰回りやお腹のダイエットです。

腰をよく動かすことによって、ぽっこりお腹の解消にとても有効です。

さらに腕や脚の筋肉も使うので、二の腕を引締めたい人や脚を細くしたい人にもいいでしょう。

激しい運動だと痩せられたとしても筋肉がつきすぎる場合がありますが、フラダンスはそこまで動きが激しいダンスではないです。

そのため、筋肉がつきすぎてしまい、筋肉質になってしまうということはありません。

キレイに痩せることができるので、女性らしいスラッとしたスタイルを望んでいる人にぴったりのダイエット方法です。

そして、ダイエット効果を高めたい時は普通よりも膝を深めに曲げて踊るようにしてください。

これにより、負荷が大きくなるので、消費カロリーが増えます。

ただし、無理をして膝を壊してしまわないよう気をつけましょう。

無理をせずに効果的にフラダンスでキレイに痩せるには、糖分を分解したり、脂肪の燃焼をサポートしてくれるサプリを飲みながらフラダンスをするというのも良いです。

糖分の分解に働いてくれる食べ物で注目されているのがアフリカンマンゴーです。

アフリカンマンゴーには、種子に含まれるエキスが「レプチン」と呼ばれるホルモンの働きを活性化して、脳の満腹中枢に働きかけ食べ過ぎを抑制してくれる働きがあるそうです。

そして、インスリンの働きを活性化させ糖の代謝を促進し、糖分や糖質を食べてしまっても吸収しにくくしてくれる働きも。

そんなアフリカンマンゴーのサプリ、アフリカンマンゴーダイエット『フルベリ』がおすすめです。

ポイント1新成分アフリカンマンゴー配合!

ポイント2甘い物を我慢しなくてもOK!

ポイント3309種類のフルーツ・植物を3年熟成した発酵エキスを配合!

ポイント4さらにハーバード大学も認めた「ベリー類」を配合!

【送料無料】初回スタートお試し価格がたったの 630円(税抜)です!

フルベリ

フラダンスの特徴

フラダンスというと動きがゆったりしているイメージが強いため、体力を使わないと思っている人も多いでしょう。

しかし、膝を曲げたり、中腰で踊らないといけないので、実際にやってみると想像以上に筋肉を使います

動きに激しさはないですが、意外と疲れるのがフラダンスの特徴です。

そのため、安易に始めて、後からフラダンスの大変さに気付く人も少なくありません。

また、フラダンスには手話的要素も含まれており、動作ひとつひとつに意味があります。

たとえば、体の前で手をクネクネさせる動作がありますが、これは波を表現しています。

動作や音楽の意味を理解しながら踊ることで、フラダンスがもっと面白くなるはずです。

そして、あの独特の衣装もフラダンスの特徴です。

フラダンスの衣装はどれもカラフルで、南国の雰囲気が漂っています。

可愛い柄や素敵なシルエットの物がフラダンス衣装には多いです。

そのため、衣装に憧れてフラダンスを始める女性も多いといいます。

フラダンスには他のダンスにはない魅力がたくさんあるので、気になる人は始めてみてください。

フラダンスは初心者でも踊りやすい

フラダンスは初心者でも踊ることができます。

ダンスというと運動神経が良くないと踊れないイメージがありますが、フラダンスはダンス経験がなくても、運動神経が悪くても踊れます

基本的にフラダンスはゆっくりした踊りなので、体力はもちろん、瞬発力や跳躍力などは不要です。

ゆったりとしたリズムに乗って踊るので、覚えるのもそれほど難しくありません

そして、ダンス初心者にフラダンスがおすすめの理由は他にもあります。

他のダンスだとテンポが速いため、覚えるのが難しく体力も使いますから、辛くてすぐにやめてしまう人も多いです。

一方、フラダンスは簡単に覚えられるダンスだということや、体力もあまり使わないので、楽しみながら踊ることができます

ダンスの中でも続けやすい種類ですから、今までダンスなんてやったことがないという人でもすんなりと始められて、長く続けることもできるでしょう。

何か習い事を始めようと思っている人はフラダンスを始めてみてはいかがでしょうか?

フラダンスは独学でも踊れるようになる?

フラダンスを習いたいけど時間がない人やお金をかけたくない人もいるでしょう。

では、独学でも踊れるようになるのでしょうか?

結論からいうと独学でも踊れるようにはなります

ただし、独学で覚えるのはそう簡単なことではありません

フラダンスは簡単にそう見えて、奥が深い踊りなので、できればきちんと先生に教わった方がいいです。

独学だと間違えを指摘してくれる人がいないので、誤った振付を覚えてしまう可能性があります。

また、独学の場合、モチベーションを維持するのが難しいです。

練習するのが面倒になり、途中でやめてしまう人も珍しくありません。

教室に通えば、先生もいるので間違えを指摘してくれますし、他の生徒もいるのでモチベーションも維持しやすいです。

独学に向いている人ならいいですが、向いていない人だといつまで経っても上達しない可能性があります。

どうしても教室に通えない場合は自分に合った教材をしっかりと見つけてください。

後悔しないフラダンス教室の選び方

フラダンス教室を選ぶ場合、以下のようなことに注目しましょう。

  • 月謝
  • 先生
  • レッスン時間

通うフラダンス教室によって月謝が異なります

短期間で覚えられるものではないので、半年から1年くらいは通い続けないといけません。

そのため、月謝が高いと続けることができなくなりますから、無理なく通える金額のところを選びましょう。

また、月謝の他に教材費などが発生する場合もあるので注意してください。

どんな先生が教えてくれるのかもフラダンス教室選びで重要になります。

相性が悪いと通うのが嫌になるので、この人に習いたいと思える先生を見つけましょう。

楽しさを重視する先生もいれば、上手くなることを重視して厳しい指導を行う先生をいます。

自分の目的に合わせて先生を探してください

仕事をしている人はレッスン時間にも注目しましょう。

基本的に曜日や時間が決まっているので、仕事が終わってからでも通えるかどうかを確認してください。

申込をしたのに時間がなくて通えないという人も多いです。

フラダンスの衣装はどこで買えばいい?

フラダンスの衣装をどこで買えばいいのか分からないという人もいるでしょう。

フラダンスの衣装を扱っているお店はそれほど多くありません

実際にお店で見て買うのが一番ですが、お住いの地域にない場合もあるでしょう。

そんな時はネット通販で購入してください。

インターネットで検索するとフラダンスの衣装を販売しているネットショップがたくさん見つかるはずです。

実物を見ることはできませんが、ネット通販ならどこに住んでいても簡単に購入することができます。

また価格も安いですし、デザインやカラーも豊富です。

ただし、ネット通販の場合、サイズが合わなかったり、デザインやカラーがイメージと違う場合もあります。

適当に買ってしまうと後から後悔する可能性があるので注意しましょう。

万が一のことも考えて、できれば返品ができるショップを選ぶようにしてください。

信頼できるショップなのかどうかを確認するために実際にそのお店を利用している人の口コミを見てみるのもいいかもしれません。

フラダンスの基本ステップ

フラダンスの基本ステップは以下の通りです。

  • カホロ
  • ヘラ
  • カオ
  • アミ

一番始めに覚えるのが左右に2歩ずつ進むカホロと呼ばれるステップです。

体を揺らさずにすり足で移動するのがポイントです。

移動する時は腰で8の字を描きます。

ヘラは腰を横に少し引き上げて、片足のつま先を斜めに出すステップです。

カオは左右に体重移動をしながら、腰で8の字を描くステップです。

上手く踊るためにも上下に揺れないように意識してください。

アミは腰を回して左右に半円を描くステップです。

この4つがフラダンスの基本ステップになります。

他にも様々なステップがありますが、まずはこの基本ステップを完璧にマスターしましょう。

最初はなかなかできないかもしれません。

しかし焦らずにゆっくりとひとつひとつ覚えていってください。

基本ステップを間違えて覚えてしまうと後から修正するのが難しくなります。

先生によって教え方が異なるので、教え方の上手い先生を探すようにしてください。

ハンドモーションが上達する方法

ハンドモーションが上達する方法は次の通りです。

  • 意味を理解する
  • 腕の力を抜く
  • 無駄な動きを入れない

ハンドモーションの上達において欠かせないのが意味を理解することです。

波や花、風、雨などハンドモーションひとつひとつに意味があります。

その意味をしっかりと理解することが上達に繋がるので、今自分は何を表現しようとしているのか考えながら行ってください。

日本人はどうしても踊る時に力が入ってしまいがちです。

ハワイの人たちのフラダンスは力が抜けていけて、しなやかな印象があります。

そこで腕の力を抜いてみましょう

ただし、あまりにも抜き過ぎるとだらしなく見えるので、加減をしてください。

少しだけ肘をたるませる程度がベストです。

そして、無駄な動きを入れないようにしてください。

無駄な動きがあるとハンドモーションを綺麗に見せることができません。

この3つのポイントを抑えることで、ハンドモーションの上達が早くなります

後は何度も繰り返し練習することが上達への近道です。