ノイローゼを精神病だと思っている人が多いですが、実は神経症に該当します。

体そのものには異常がないのに、精神的なことが原因で体に様々な症状が現われる状態をノイローゼといいます。

ノイローゼはすぐに治る場合もありますし、なかなか治らない場合もあるので、治りの早さには個人差があると思ってください。

ノイローゼになると、以下のような症状が現われます。

  • 体の不調
  • 精神的不安
  • 恐怖感
  • 強迫観念

精神的なことが原因で、体に不調が現われます。

特に多いのは、動悸、発作、冷や汗、身震い、ふらつきといった症状です。

また、肩こりや不眠、眼精疲労、肩がこる、イライラといった症状も起こります。

心が落ち着かず、不安な気持ちでいっぱいになるというのも、ノイローゼの特徴だといっていいでしょう。

そして、その不安はどんどん強くなり、常に不安を感じながら生活することになります。

激しい恐怖感を覚えたり、強迫観念にとらわれるケースも珍しくありません。

こういった症状を感じた場合は、早めに病院に行くようにしてください。

ノイローゼになるきっかけ

ノイローゼは何かがきっかけで発症しますが、そのきっかけは人によって異なると思ってください。

ノイローゼを発症させる主なきっかけは、以下の通りです。

  • 家庭環境
  • 病気
  • 家族や親しい人の死
  • 仕事のストレス
  • 災害
  • 環境の変化

家庭環境の悪さが原因で発症してしまうことがあります。

夫婦仲が上手くいってなかったり、姑との関係が悪いといったケースは発症しやすいです。

自分が重大な病気にかかってしまった場合にも、それを受け止めることができず、ノイローゼになることがあるでしょう。

家族や親しい人の死がきっかけで発症したり、仕事のストレスが原因というケースも多いです。

地震や津波、火事といった災害がきっかけで、ノイローゼを発症させることもあります。

さらに、転勤や引越し、入学、転職、就職、離婚といった環境の変化もきっかけになるので、注意しないといけません。

ノイローゼのきっかけは日常生活に数多く潜んでいますから、誰にでも発症する可能性があると思ってください。

ノイローゼとうつは違うの?

ノイローゼとうつを一緒のものだと考えている人もいますが、全く別の病気ですから注意してください。

まず、ノイローゼは精神病だと思われがちですが、神経症なので勘違いしてはいけません。

神経症とは、精神的なことが原因で体に不調をきたす病気のことです。

ノイローゼの人は、どうして病気が発症したのかをきちんと理解していることが多いといわれています。

ただ、その原因を解決しようと思っても、頭と体が思うように動いてくれません。

一方、うつ病は気分が塞ぎこんでしまう病気です。

自分の感情をコントロールできなくなって、自分自身の存在を否定してしまったり、自傷行為をすることが多いです。

また、うつ病になると、頭痛や肩こり、動悸、下痢、便秘といった症状が現われます。

基本的に、朝は症状が重く、午後になるにつれて症状が落ち着くという傾向があります。

これがノイローゼとうつ病の大きな違いだといっていいかもしれません。

両者とも非常に似ていますが、別の病気なので、その違いを理解しないと改善するのは難しいでしょう。

ノイローゼの治療法

ノイローゼになった場合、どのような治療を行うのでしょうか?

一般的に使用されている治療法は、以下の2つです。

  • 薬物療法
  • 心理療法

まず、病院に行くと、薬物療法による治療がスタートします。

薬だけではノイローゼそのものを治すことはできませんが、症状を落ち着かせることはできます。

症状を抑えることができれば、日常生活を過ごしやすくなるので、医師の指示のもと薬をきちんと飲むようにしてください。

正しく服用しないと症状が改善しませんし、副作用を起こす可能性がありますから注意してください。

ただし、長期にわたって薬を飲み続けると、依存してしまう危険があります。

心理療法とは、ノイローゼを発症させた心の原因を解決するというものです。

ノイローゼを治すためにも、この治療法は非常に重要で、上手くいけば完治することもできるでしょう。

心理療法では、カウンセリング、催眠療法、認知行動療法、自立訓練法といった治療を行います。

そして、薬物療法と併用して行うことも多いです。

ノイローゼにはどんな薬が効くの?

ノイローゼで病院にかかると、薬を処方されることが多いです。

薬を飲むことで症状を緩和させ、日常生活を送れるようになります。

では、どのような薬が処方されるのでしょうか?

一般的に処方される薬は、以下の通りです。

  • 抗不安薬
  • 抗うつ薬
  • 睡眠薬

ノイローゼになると不安感を強く覚えるので、抗不安薬が処方されます。

抗不安薬を服用することで、不安な気持ちを落ち着かせることが可能です。

うつ状態になっている場合は、抗うつ薬が処方されます。

抗うつ薬を使用することによって、気分の落ち込みを改善できます。

また、不眠の症状が出ている場合は、睡眠薬が処方されると思ってください。

医師はその時に現れている症状や患者の体質に合わせて、薬を処方しますから、人それぞれ処方される薬は違ってきます。

薬を飲む場合には、きちんと医師の指示に従うようにしてください。

自己判断でやめてしまったり、服用量を多めにしてしまう人がいますが、それは絶対にやめましょう。

症状の改善を遅くしてしまったり、副作用を起こす危険性が高くなります。

ノイローゼに効くアロマってある?

ノイローゼにはアロマが有効だといわれていますが、これは本当なのでしょうか?

結論からいうと、アロマを使用することで、ノイローゼの症状を改善できる可能性があります。

そのため、症状を少しでも緩和させたい場合は、アロマの力に頼ってみるのもいいかもしれません。

ノイローゼに効果を発揮するアロマは、以下の通りです。

  • イランイラン
  • パルマローザ
  • ラブラドルティ
  • レモンバーベナ
  • マンダリン
  • ラベンダー

これらのアロマには不安な気持ちを取り除き、心をリラックスさせる働きがあります。

特に、マンダリンやパルマローザには強い抗不安作用があるので、ノイローゼにおすすめです。

ただ、薬ではないので、効果には個人差があり、症状が改善しないケースもありますし、自分に合わないものも存在します。

色々なアロマを使用して、自分に合うものを探してください。

また、使用方法はたくさんあるので、好きな方法を選びましょう。

湯船に数滴垂らすという使い方をしても良いですし、マッサージに使用するのも良いかもしれません。

ノイローゼに効く漢方はあるの?

ノイローゼを治したいと思っている人は、漢方を使ってみるのもいいかもしれません。

漢方の中には、ノイローゼに効果を発揮するものもあります。

そういった漢方を飲み続けることで、ノイローゼが改善できるかもしれません。

ただ、漢方は病院で処方される薬とは違うので、即効性はありません。

飲んだからといってすぐに症状が治まるという訳ではなく、長期間飲み続ける必要があります。

1週間や2週間くらいで効果が出ないとからといってやめるのではなく、3ヶ月から6ヶ月程度は最低でも飲むようにしてください。

また、副作用が少ないので、病院の薬が合わないという場合に使ってみるのもいいでしょう。

ノイローゼに効果的な漢方は、以下の通りです。

  • 柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
  • 半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
  • 桂枝加竜骨牡蠣湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)
  • 加味帰脾湯(かみきひとう)

これらの漢方は、ノイローゼの症状を改善させるのに有効な漢方だといわれています。

どれが自分に合っているのかは素人では判断することができないので、購入する場合は薬剤師や医師に相談してください。

ノイローゼでも仕事は続けられる?

常に不安を感じたり、いつもならできる仕事ができなくなった、同僚への接し方が変ってしまったという人は、ノイローゼの可能性があります。

また、疲労感や消化不良といった身体的症状が現れた場合も注意が必要です。

では、仮にノイローゼになった場合、仕事を続けることができるのでしょうか?

結論からいうと、続けることは可能です。

ただ、何も治療をせずに、そのまま働くのは難しいでしょう。

そのまま治療をしないで働き続けると、いつか重大なミスを犯す可能性が高いですし、全く仕事ができなくなる可能性もあります。

さらに、症状を悪化させてしまう恐れもあるので、まずは病院に行きましょう。

病院で薬を処方してもらい、それで症状を抑えながら働くというのが一般的です。

そして、どうしてノイローゼになったのか原因を探して、それを解決するというのが大切になってきます。

もし、仕事が原因だった場合、続けるかどうかは医師と相談して決めてください。

ノイローゼを早く治すためには、一度休職した方がいいという場合もあります。

【BELIVA(ビライバ)】ラクトフェリン・サプリ

BELIVA

注目の成分!ラ┃ク┃ト┃フ┃ェ┃リ┃ン┃で┃悩┃み┃解┃消
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
・・心身ストレス・乾燥肌・しわ・アンチエイジング・便秘・角質硬化・・
悩みがひとつでも当てはまるなら、ぜひ試してほしいのが
↓  ↓  ↓
★★ 新登場!【腸溶性美容ラクトフェリン<美肌MAX>】★★

話題のスーパー健康成分「ラクトフェリン」に
美容成分ヒアルロン酸・コラーゲン・コンドロイチンは国内初!
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ □ ストレスをやわらげ、健康なカラダを手に入れたい方     ┃
┃ □ 高機能アンチエイジングケア・サプリをお探しの方      ┃
┃ □ とにかく美肌を手に入れたい方               ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
詳しくはコチラ→ 【BELIVA(ビライバ)】

【BELIVA(ビライバ)】ラクトフェリン・サプリの特徴

1.輸入品ではなく安全な国産品
2.成分が腸までしっかり届く「腸溶性ラクトフェリン」を使用
3.ヒアルロン酸・コラーゲン・コンドロイチンを同時配合し、美容機能を大幅強化

==> ラクトフェリンは多く発売されていますが非腸溶性・健康目的のものがほとんど。

美容機能を強化した、<<国内初の腸溶性美容ラクトフェリン・サプリメント>> がBELIVA製品です!

ラクトフェリンは牛乳やヨーグルトから摂取しても胃で分解されてしまい、腸で吸収されません。

サプリメント摂取が有効ですが、現在販売されている多くのラクトフェリン・サプリメントは腸溶加工が施されていないため、効果が期待できません。

【BELIVA(ビライバ)】のラクトフェリンは腸溶特殊コーティング(特許出願中)を錠剤に施した結果を出せる「腸溶性ラクトフェリン」。しかも、うるおい成分「ヒアルロン酸」・弾力成分「コラーゲン」・軟骨成分「コンドロイチン」を贅沢に同時配合することで、業界標準を越えた高品質な美肌・アンチエイジングサプリに仕上げました。

最強の活性酸素「ヒドロキシラジカル」を抑制し、アンチエイジング・ビューティーを目指す<<国内初の腸溶性美容ラクトフェリン・サプリメント>>です。

ラクトフェリンとは

サプリメント業界で注目されはじめている免疫・アンチエイジング成分「ラクトフェリン」。現在、そのスーパー多機能作用が世界中の医者・研究者によって分析されています。

1.母乳の主成分の一つが「ラクトフェリン」という蛋白質。ラクトフェリンは母乳以外にも唾液や涙、鼻汁など体内の外分泌液、粘膜液、白血球の一種にも存在し、細菌やウィルスからカラダを守るはたらきをしています。

2.ラクトフェリンを飲むことで赤ちゃんは人間が生きるうえで必須の三大機能、「免疫力」「内分泌機能」「脳神経系」を発達させることができるといわれており、お母さんから授かった「奇跡の健康成分」です。

3.ラクトフェリンという名前は、「ラクト=乳」の中の「フェリン=鉄を結合するたんぱく質」に由来します。体内に蓄積された鉄や銅など有害金属を結合する力が非常に強く、老化や病気発生の原因と言われる活性酸素の中でも最強の“ヒドロキシラジカル”の発生を抑制することが動物実験から科学的に立証されています。まさに究極の「アンチエイジング成分」として注目されています。

ラクトフェリンの効能

基本作用・・・カラダの免疫力を強化し、老化の原因である最強活性酸素“ヒドロキシラジカル”を抑制するとともに、脳内にも入り込み鎮痛作用・メンタルストレスを緩和します。

こんな方におすすめ

  • いつまでも健康でいるために、カラダの免疫力を強化したい方
  • 美しく輝きつづけるために、内側から美肌作り・アンチエイジングしたい方
  • 心のリラックス・安定のために、神経症やストレスを緩和したい方
BELIVA