性病かもしれないと思った時、誰に相談したらいいのか分かりませんよね?

親に相談すればいいのか?それとも、友達に相談すればいいのか?または、パートナーに相談すればいいのか?迷われると思います。

身近な人に相談できれば一番いいのですが、デリケートな問題なので、気軽に相談できないのが普通です。

もし、近くに相談できる人がいるのであれば、その人に相談するのが一番ですが、もし、いないのであれば医師に相談してみてはいかがでしょうか?

まず、病院に行って専門医に相談することで、多少なりとも不安は解消されるはずです。

また、本当に性病だった場合には、すぐに治療も行うことができるので、不安に感じた場合は医師に相談された方がいいでしょう。

そして、性病だと診断された時は、勇気を持ってパートナーにそのことを伝えてください。

これは、パートナーも感染している可能性があるからです。

パートナーに話をするのはとても勇気が必要ですが、そのまま放置してしまうのはお互いにとって良くありません。

性病は何科に行けばいいの?

性病かもしれないと感じた場合、何科に通えばいいのか分からないという人も多いはずです。

友達や親に相談すれば教えてくれるかもしれませんが、恥ずかしくて聞けませんよね?

しかし、そのまま放置すると症状が悪化してしまう危険があるので、早めに治療を行う必要があります。

また、性病かもしれないと思って生活をするのは精神的なストレスになりますし、万が一、性病だった場合には、パートナーにも迷惑をかけてしまいます。

そのため、恥ずかしいかもしれませんが、きちんと病院で検査・治療を行いましょう。

性病だと思った場合は、男性は泌尿器科、女性は婦人科に行ってください。

性病科で検査するという方法もありますが、数がまだまだ少ないので、お住まいの地域に存在しない可能性があります。

一方、泌尿器科や婦人科なら、総合病院に行けば必ずといっていいほどあるはずです。

パートナーが性病だった時には、自分も感染している可能性があるので、すぐに検査を受けるようにしてください。

性病検査ってどんなことをする?

性病検査では、以下のような検査を行います。

  • 血液検査
  • 尿検査
  • おりもの検査
  • 喉粘膜検査

性病検査の中で用いられることが多いのが、血液検査です。

血液検査をすると、HIV、クラミジア、梅毒、性器ヘルペス、B型肝炎、C型肝炎といった病気にかかっていないかが分かります。

尿検査は男性の性病検査でよく使用され、クラミジアや淋病かどうかが判断可能です。

女性の性病検査で使用されるのがおりものの検査で、膣分泌物を採取します。

クラミジアや淋病、膣炎、ガンジダ、トリコモナスといった性病に感染していないかどうかが判別できるでしょう。

喉に性病が感染していないか調べるために、喉粘膜検査を行うこともあります。

喉粘膜検査では、クラミジアや淋病といった病気が判別できます。

検査を受ける医療機関によって行う内容は異なりますが、一般的にこのような方法で検査されることが多いと思ってください。

検査で性病に感染していると分かった場合は、すぐに治療が行われます。

また、病院に行かなくても、性病検査キットを使用すれば、自宅で検査することも可能です。

性病はどんな治療をするの?

性病の治療で使用される方法は、以下の通りです。

  • 薬物療法
  • 外科的療法

基本的に、性病は専用の治療薬を使用すれば治るので、薬物療法が主な治療方法です。

内服薬や外用薬によって、症状が徐々に改善していきます。

クラミジア感染症の場合は抗生剤が処方され、性器ヘルペスの場合は抗ヘルペスウイルス剤と軟膏が処方されます。

淋菌や梅毒の治療ではペニシリン系抗生物質が処方され、カンジダ膣炎になった場合は抗真菌剤が処方されると思ってください。

このように、性病の種類によって処方される薬は異なります。

また、自己判断で服用を中止したり、飲む量を変えたりするのは絶対にやめましょう。

せっかく治るものも治らなくなったり、副作用を起こす危険があるので、医師の判断に従ってください。

いぼが陰部にできる尖圭コンジロームの治療では、レーザーなどを使用した外科的療法が行われます。

どの性病も治療をしないと症状が悪化してしまうので、異変に気付いた場合はすぐに病院で検査をしてください。

クラミジア感染症ってどんな病気?

性病の中でも特に感染者が多いのが、クラミジア感染症です。

クラミジア感染症の感染者の数は、日本だけでも100万人以上いるといわれています。

10代~20代にかけての患者数が多いため、若年層は注意が必要です。

クラミジア感染症の怖いところは、自覚症状が乏しいために、感染しても気づきにくいことでしょう。

感染前と全く変化がない人も多く、知らず知らずのうちにパートナーに移してしまうこともあります。

女性が感染してしまうと、不妊の原因にもなってしまうので、早めに治療しないといけません。

クラミジア感染症の感染ルートは、性行為の全てです。

セックスはもちろん、アナルセックス、オーラルセックスなど、全ての性的な行為が関係してきます。

そういった性行為によって、クラミジア・トラコマティスという病原体が体内に侵入することで発症します。

クラミジア感染症になると、HIVの感染率が非常に高くなるので、とても怖い病気なのです。

男性の場合は排尿痛、尿道のかゆみ、軽い発熱、尿道からの膿といった症状が現われます。

女性の場合はおりものが増加したり、不正出血、性交痛などが主な症状です。

喉が性病になることもあるの?

性病というと性器に感染するイメージが非常に強いですが、実は、喉が性病になることもあります。

喉に感染する可能性がある性病は、以下の通りです。

  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • 性器ヘルペス
  • 尖圭コンジローマ

この中でも特に多いのが、クラミジアです。

クラミジアが喉に感染した状態を咽頭クラミジアといいます。

感染方法は、主にオーラルセックス、キスといった行為です。

ただ、キスの場合はディープキスのみで、軽いキスであればほとんど感染することはありません。

また、飲み物を回し飲みしても、感染することはないです。

咽頭クラミジアになると、喉の腫れ、発熱、首リンパの腫れ、耳の違和感といった症状が現われます。

風邪のような症状が現われるため、風邪だと思ってそのまま放置している人も多いです。

検査をしないと、風邪か咽頭クラミジアなのか判断することができないので、身に覚えがある場合は早めに検査をしてください。

咽頭クラミジアをそのまま放置すると感染者を増やす原因になりますから、しっかりと治療を行いましょう。

女性がかかりやすい性病

女性がかかりやすい性病は、以下の通りです。

  • クラミジア感染症
  • 性器ヘルペス
  • 淋菌感染症

クラミジア感染症は、男女ともに非常に感染者が多い性病です。

男性はまだ多少なりとも自覚症状が出るので気付きやすいですが、女性は自覚症状が乏しいため注意しないといけません。

おりものが急激に増加した時は、クラミジア感染症を疑った方がいいでしょう。

性器ヘルペスとは、ヘルペスウイルスが性器に侵入することによって発症する性病です。

女性がかかると発熱したり、排尿時に激しい痛みを伴うことが多いので、気づきやすいと思います。

治療薬を飲むと症状が改善しますが、免疫力が下がると再発する可能性があります。

淋菌感染症は淋病ともいい、男性よりも女性に多い性病で、感染した場合はおりものから悪臭がしたり、黄緑色をしたおりものが出るので、比較的分かりやすいです。

クラミジア感染症と同じように、抗生物質を使用することで症状が改善します。

女性はこれらの性病にかかりやすいので、性行為後にこのような症状を感じた場合は、早めに検査を行うようにしてください。

男性がかかりやすい性病

男性がかかりやすい性病は、以下の通りです。

  • クラミジア感染症
  • 淋病
  • 尖圭コンジローマ

クラミジア感染症は男性だけでは無く、女性にも多い性病です。

男性の性病患者の多くは、クラミジア感染症だといわれています。

男性がクラミジア感染症になると、尿道のかゆみ、排尿時の痛み、尿道からの膿、発熱といった症状が出ますが、自覚症状がないケースもあるため、気付かずに生活をしている人も多いです。

そのまま放置すると、前立腺炎や肝炎、腎炎といった病気を発症させたり、男性不妊を引き起こす可能性があります。

淋病もクラミジア感染症と同じように男性感染者が多い性病で、尿道から黄色い膿が出ます。

そのため、性病に感染したとすぐに気付けるはずです。

尖圭コンジローマとは性器周辺に腫瘍ができてしまう性病のことで、それ以外に症状はありません。

ただ、そのまま放置するとどんどん増えてしまう可能性があるので、早めに治療を行った方がいいでしょう。

また、性病を防ぐためにもコンドームを着用したり、不特定多数との性行為を避けるようにしてください。

性病検査・HIV検査・感染症検査を郵送で手軽に【GME医学検査研究所】 郵送検査キッド

性病検査

GME医学検査研究所は HIV,梅毒,クラミジアといった性感染症のほか、各種ガンや予防医学の郵送検査を専門に行う会社 です。

病院に行かずにラクラク検査♪

郵送検査とは

注文から検査結果の確認までスマホ・PC で完結できるサービスです。

検査キットをご自宅で受け取り、検体を自己採取し、ポスト投函で返送するだけなので、

“誰とも会わずに”

“忙しくて病院に行く時間がない”

といったニーズの高まりに合わせ需要が急速に伸びています。

GMEとは

GMEは、登録衛生検査所が直接運営する郵送検査会社です。

徹底的なコスト管理で業界最安値を実現!

また、お求め安いだけでなく、365日年中無休で商品を発送・検査を実施、臨床検査技師(国家資格)の常駐など充実のサービス体制を実現していて、多くのお客様から利用されています。

GMEの特徴

性病検査

サービス・検査精度について

登録衛生検査所(高崎市登録第 54 号)で臨床検査技師が行う検査の為、検査精度は病院や保健所等と同等です。

GMEでは郵送検査会社で唯一、365 日検査を実施しています。

商品の発送・結果の確認、検査技師へのご相談もメール・電話で年中無休でやっています。

検査結果は、最短で検体到着日の翌日にわかります。

※検体がGMEに到着するまで、約1~3日程度日にちがかかります。

ポスト投函からは約3日~5日前後で完了予定です。

検査で陽性が出た場合のアフターサービスも充実

GMEの結果書面を持って協力医療機関(全国に約 475 件)を受診していれば、重複した検査を行わず、スムーズに治療に入ることが可能です。

※医療機関の医師による問診の結果、再度検査が必要だと判断された場合は、重複した検査が行われる場合もあります。

料金は、商品購入時に支払いするだけで、検体返送料や、検査結果書面の郵送に追加料金は掛かりません。

(ローコストパッケージを購入で、採取に失敗した場合には、別途ご入金が必要となります。)

2つの異なるパッケージから、サポート・価格を選べます。

GMEでは利用者に併せて、【スタンダード】と【ローコスト】パッケージがあります。

【スタンダード】…自己採取が初めての人でも安心。初めから予備キットの同梱の他、失敗された場合には、無料で採取キットの再送が可能です。

【ローコスト】…郵送検査に慣れている方、リピーターの方にお勧め。梱包材や予備キットを省き、コストパフォーマンスを追及。郵送検査において、業界最安値を実現しました。

・お得なセットも用意されています!

【男女ペアセット】…ブライダルチェック、パートナーとの検査に最適。男性用検査1つと女性用検査1つを組み合わせたセットです。通常購入に比べて、5~10%程度お得に検査できます。

【定期検査お届け便】…定期的に検査を実施したい方向けに用意されたコースです。初回購入より、毎月1つずつ計6回商品が届きます。通常購入に比べて、15~20%程度お得に検査できます。

商品発送について

他人に知られたくない…という利用者の為に、商品の外装は性病検査セットとわからないように、中身の透けないアルミパッケージまたは茶袋で梱包。伝票の商品欄には「商品」とのみ記載されてきます。

差出人名は、「株式会社GME」の他、個人名「小和田幸男」「小和田幾野」よりご選択可能です。

受取りは、ご自宅宛・郵便局留・ヤマト運輸センター止めから指定できます。

土日祝も含め、17時までのご注文は即日発送。

(郵便局留めは、15時までのご注文となります。支払方法で先入金を選択のした場合は、発送締切時間までに入金確認が出来たら発送してくれます)

性病検査