朝から身体がだるいと言う日がこのところ続いています。

昨晩も早く寝たのになぁ・・・

と言う日が。

この身体のだるい原因は、いったい何なんだろうと思って調べてみました。

色んな原因があるみたいですが、生活環境、要するに不規則な生活が続いていて食生活が乱れていたり、睡眠不足だったりということや何かしらの精神的ストレスが原因として一番多いということでした。

考えてみれば、このところ仕事が忙しくて、食事も摂ったり、摂らなかったりという感じが続いているという事実。

こりゃあ、何とかしないとと思い、身体がだるい時の対処法を調べてみました。

【身体がだるいのを取り除くにはセロリジュースがいいらしい!】

セロリには、ビタミンB1やB2が豊富に含まれているらしいです。

身体がだるいということは、疲れが抜けきっていないということですよね。

その疲れには、ビタミンB1が良く効くというのは確かに聞いたことがあります。

それとメチオニンという肝機能を高めてくれる成分も含まれていて、精神疲労や肝臓からくるだるさにバツグンの効果があるらしいです。

そんなセロリの効果を効率的、効果的に摂るには、量を多く摂れるジュースにすると良いと言うことです。

しかし・・・

私は、セロリが大の苦手なんです(笑)

ということで、これは却下です(笑)

【身体がだるい時にはやまいもを食べろ!】

やまいもと言えば、栄養バツグン!

スタミナ回復食材!

ということだそうです。

ジアスターゼ、コリン、でんぷん、豊富なアミノ酸が含まれているそうです。

特に、コリンはビタミンB1の働きを高めてくれ、エネルギーを作ってスタミナを取り戻してくれるそうです。

と言っても、身体のだるいのが抜けきるまでやまいもを食べ続けると言うのも飽きてきて、終いにはやめちゃいそうです(笑)

【身体がだるい時はリンゴ酢でカリウムを摂取!】

カリウム不足が慢性疲労を引き起こして、身体がだるいという状態を引き起こしていることが考えられるそうです。

そんな時は、カリウムが豊富なリンゴ酢を飲むと良いということでした。

リンゴ酢とはちみつを茶さじ2杯ずつ混ぜて、それを水で割って飲めば良いそうです。

【身体がだるいのは緑茶で回復!】

身体のだるい時は、緑茶を飲めば良いそうです。

緑茶に含まれるカフェインの興奮作用で脳を覚醒させることでだるさが抜けるそうです。

緑茶は飲むだけでなく、お茶っ葉を粉末にして、料理に使うのも良いそうです。

【身体がだるいときは胚芽米のビタミンやミネラルを摂り入れる!】

胚芽米は、エネルギーになる良質のたんぱく質が豊富で、ビタミンB1やミネラルも一緒に摂れるのでオススメだそうです。

ほこりを落とす程度に、簡単にといだ胚芽米に、5倍の量のお水を入れて炊いて食べる。

つまりお粥にして食べれば良いそうです。

その他にも、

はちみつを食べれば良いとか、

レモンも身体がだるいのを吹き飛ばしてくれるとか、色んな対処法があるみたいです。

ここで気づいたのは、身体がだるい時の対処法には、ビタミンB1の摂取が欠かせないと言うのがほぼ共通しているということ。

それと何と言っても、質の良い睡眠をしっかり取るということ。

疲れているのにしっかり眠れないということが一番身体がだるいという状態を作っているはずです。

そこで、しっかりとした睡眠を取れるように、これを使い始めました。

⇒ ぐっすり眠るための休息サプリ

ぐっすり眠れて、毎朝、元気に動き始めています♪

 

休息の質をサポート「グッドナイト27000」