多汗症になると、大量の汗をかくようになります。

普通の人も気温が高かったり、運動をした後に汗をかきますが、多汗症の人はそういった状況ではなくても驚くほどの汗をかきます。

その量は凄まじく、みなさんが想像している以上だと思ってください。

例えば、汗でボールペンを持つことができなかったり、汗でプリントが破れてしまったり、握手しようとすると滑ってしまうほどです。

このくらい大量の汗をかいてしまうので、日常生活において支障をきたすことが多いです。

ただし、汗の量には個人差があり、中にはここまで大量の汗をかかない人もいます。

また、汗をかく場所として多いのが、手のひらや脇の下、顔、足裏といったところです。

この中でも特に、手のひらに汗をかくケースが多いといわれています。

胸や背中に汗をかく人もいますが、それほど多くありません。

そして、多汗症は体臭を悪化させる原因になります。

汗をたくさんかくということは、それだけニオイの原因物質が多いということなので、普通の人よりも体臭が強くなると思っていいでしょう。

多汗症の原因

多汗症の原因は、以下の通りです。

  • 精神的なストレスや緊張
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 病気
  • 遺伝
  • 食生活

精神的なストレスや緊張を過度に受けることで、発症する場合があります。

精神的な負荷がかかると自律神経が乱れ、汗腺が活発に働き、汗をかきやすくなってしまいます。

ストレスや緊張が原因で多汗症になる人はとても多く、神経質な人や几帳面な人、責任感が強い人といったタイプは、特になりやすいでしょう。

それに、ホルモンバランスが乱れると自律神経にも影響を及ぼし、多汗症を発症させることがあります。

急性リウマチや糖尿病、バセドウ病といった病気が多汗症の原因になることもあり、この場合は病気を治さないと多汗症を改善することはできません。

また、多汗症には遺伝も関わっていると考えられていますし、偏った食生活が多汗症を招くこともありますから注意が必要です。

このように、多汗症の原因は1つではないので、複数の原因が合わさって発症するケースも珍しくありません。

多汗症にはどんな治療法がある?

多汗症には、以下のような治療法があります。

  • 薬物療法
  • 心身療法
  • 体質改善
  • 手術

多汗症治療でよく使用されるのが、薬物療法です。

精神安定剤を服用すれば不安や緊張を抑えられるので、症状を軽減することができます。

また、汗を抑制する薬を使用する場合もあります。

ただ、薬には多かれ少なかれ副作用がありますから、そのことを理解した上で使用しましょう。

用法用量を守らないと、副作用のリスクが高くなるので注意してください。

多汗症は「汗をかきたくない」と思えば思うほど、精神的に負荷がかかり、症状が悪化します。

それを防ぐために、カウンセリングなどで汗に対する不安を取り除く心身療法が用いられます。

食生活や生活習慣を見直すことで体質を改善し、多汗症を治すというのも治療法の一つです。

効果には個人差があり、症状が良くなる人もいれば、全く変わらない人もいます。

手術をして強制的に汗を止めるという方法もありますが、副作用もあるので気をつけないといけません。

多汗症にはこのような治療法がありますから、医師と相談して自分に適したものを行ってください。

多汗症って薬で治るの?

多汗症になった場合、薬で治すことは可能なのでしょうか?

結論からいうと、治すことはできません。

あくまでも症状を抑えるだけです。

そのため、薬は根本的な治療にはならないと思ってください。

病院に行くと、抗不安剤や神経遮断薬といった薬が処方されます。

抗不安剤とは、精神的な不安を取り除くために使用される薬です。

これを飲むことで、緊張や不安からくる多汗症を抑えることができます。

ただし、症状が軽減するだけで、全く汗が出なくなる訳ではありません。

神経遮断薬とは、汗の分泌を抑制する薬のことです。

全身に作用するため、一見便利に思えますが、副作用もあるので、注意してください。

主な副作用は、口渇や便秘といったものです。

多汗症にはこのような薬が使用されますが、どの薬にも副作用があるため、用法用量を必ず守るようにしてください。

また、自己判断で途中で服用を中止するのも禁物です。

必ず医師の指示に従うようにしましょう。

そして、何か他にも薬を服用している場合は、きちんとその旨を医師に伝えてください。

多汗症って漢方で治る?

多汗症に悩まされている人は、漢方を使用してみるのもいいでしょう。

漢方の中には、多汗症に効果を発揮するものが存在します。

そういった漢方を使用することで、多汗症を根本から治せるかもしれません。

ただし、漢方は病院で処方される治療薬とは異なり、即効性がないです。

そのため、飲んだからといってすぐに効果が現われることはなく、長期間飲み続けないといけません。

そのことを理解しないまま使用して、効果がないと決め付ける人も多いので、根気強く続けるようにしましょう。

また、病院の薬とは違って副作用のリスクが少ないので、安心して飲めるというメリットがあります。

多汗症に効果を発揮する漢方は、以下の通りです。

  • 五苓散(ごれいさん)
  • 黄連解毒湯(おうれんげどくとう)
  • 桂枝加黄耆湯(けいしかおうぎとう)
  • 防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

この4つの漢方には汗を抑制する働きがあるため、多汗症治療に使用されることが多いです。

合っている漢方は人によって異なるので、薬剤師や医師に相談してから購入してください。

多汗症で手術をすることもある?

多汗症の症状が酷くてどうしようもない場合、手術をすることもあります。

ただ、多汗症は命に関わるような病気では無いので、手術をするかどうかは本人の希望次第です。

医師からも、それほど強く勧められることはありません。

それに、多汗症の手術は最後の手段だと思ってください。

色々な方法を試して、それでも改善しなかったという場合に、ようやく検討するくらいで十分です。

なぜなら、手術にはデメリットがあるからです。

まず、手術をしたからといって、絶対に治る訳ではありません。

手術をするのに10万円前後かかりますが、大金をかけて治療をしたのにも関わらず、改善しないケースがあります。

また、治ったと思っても再発することがありますし、副作用として代償性発汗が現われることが多いです。

代償性発汗とは、特定の場所からの汗が止まる代わりに、他の場所から汗が出てしまう症状のことをいいます。

手術後に、この代償性発汗を起こす確率が非常に高いです。

さらに、体内に熱がこもりやすくなるという副作用もあります。

多汗症にはお灸が効くって本当?

多汗症にはお灸が効くといわれていますが、これは本当なのでしょうか?

結論からいうと、本当です。

お灸をすることで、症状が改善するケースもあります。

ただし、効果には個人差があるので、絶対に改善するという訳ではありません。

中には、効果を実感できない人もいます。

ただ、症状が改善している人も多いので、試してみる価値はあると思っていいでしょう。

では、どうしてお灸で多汗症が改善するのでしょうか?

それは、お灸をすることで体の調子を整えることができるからです。

多汗症は自律神経と大きく関係しており、お灸をすることでその乱れた自律神経を正常に戻すことができます。

また、多汗症は精神的なストレスや緊張なども原因の一つです。

お灸にはリラックス効果があるので、心を落ち着かせることができ、多汗症の改善に効果を発揮するといわれています。

しかし、素人が適当にお灸をしても改善しませんし、さらに悪化させることもあるため注意してください。

必ずプロの鍼灸師にお願いしましょう。

多汗症の治療で有名な病院

多汗症の治療で有名な病院は、以下の通りです。

  • 川村内科クリニック
  • 宏愛クリニック
  • ThinkPark皮膚科クリニック
  • 渋谷駅前おおしま皮膚科
  • 東海大学医学部付属病院

川村内科クリニックは、ボツリヌス治療によって多くの多汗症患者を救っている病院です。

専用駐車場も完備しており、遠方から利用する方も多いといわれています。

宏愛クリニックでは、一人一人の症状・環境に合わせた治療を行ってくれるでしょう。

ボツリヌス療法で治療を行う場合にも健康保険が使えるので、経済的負担を抑えることができます。

ThinkPark皮膚科クリニックは、医師やスタッフが全員女性というのが大きな特徴です。

女性の場合、多汗症で通院するのは恥ずかしいとためらってしまうことも多いでしょう。

でも、ThinkPark皮膚科クリニックなら、女性が全て対応してくれますから安心して通えます。

渋谷駅前おおしま皮膚科はボツリヌス治療をはじめ、薬物療法による治療も行っています。

土曜日・日曜日も診察可能なので、仕事が忙しい人でも通院できるでしょう。

東海大学医学部付属病院は高度な技術で多汗症の悩みを解消できる病院で、1年間通して対応してもらえます。

多汗症・汗のお悩み解決サプリメント!【Asecarat(アセカラット)】

あせしらず

多汗症・汗のお悩み解決サプリメント!【Asecarat(アセカラット)】の特徴・強み

『Asecarat(アセカラット)』はダラダラ出続ける汗で悩む方の為に、開発された女性向けサプリメントです。

多汗症という病気のほかにも汗が出続ける原因は、

  • 更年期
  • 精神的な問題
  • 体の不調

など様々…ただ夏場以外で汗が出るのは女性にとって恥ずかしく、外出さえままならないという方も。

そんなお悩みをまるっと解決するのが『Asecarat(アセカラット)』です。

あせしらず

汗のお悩みを解決するには

  • 体内の熱放出を助けるカリウムを摂取にプラスして、十分な栄養バランスのとれた食事。
  • 定期的な運動とストレス発散。
  • 汗が出る原因の一つとしては女性ホルモン不足もあげられるので、ホルモン治療。

これを見ると、現代のライフスタイルで全て実行するのは無理難題…。

そんな無理難題をカバーする為に開発されたのが『Asecarat(アセカラット)』です。

『Asecarat(アセカラット)』は、なんと

  • トマト約3.5個分のカリウムを5粒にギュッと配合。
  • 女性ホルモンに似た働きをするプエラリアミリフィカを配合。
  • 天然リラックス成分のGABA配合
  • 汗の匂いを抑える柿渋エキス配合

など、正に汗悩みのプロフェッショナルサプリメント。

口コミでも

『今までどうやっても止まらなかった汗がピタッとでなくなった』

『プエラリア成分のお陰で肌もツヤツヤになった』

など汗止めの効果にプラスして女性にうれしい美肌効果も報告されています。

また国内製造なので、安心して服用できることにも定評があります。

あせしらず

汗の悩みというと、デリケートな問題で女性心理として他者には知られたくありません

クリニックに行くと人目に触れるし、病院に行く程でもない気がする…。

でも有効な治療法や治療薬がなくて流れ続ける汗に悩んでいるという女性は多くいらっしゃいます。

中にはその場しのぎで制汗剤を使用して、しのいでいるという女性も…。

ですが、勿論効果は一時的で根本的な解決にはなりません。

その場しのぎではなく中から改善するために

『貴方の汗悩みお任せ下さい、根本からの解決を手助けしてくれます!』

あせしらず