老眼は回復できないと思っている人も多いですが、そんなことはありません。

老眼を回復できる方法はいくつかあるので、それを試してみるのもいいでしょう。

代表的な老眼回復方法は、以下の通りです。

  • 手術
  • トレーニング
  • 食生活
  • 目薬

短期間ですぐに老眼を治したい場合、手術という選択肢があります。

費用がかかりますし、副作用のリスクもありますが、最も効果がある回復方法です。

しかし、再発する可能性がありますし、目の状態によっては受けることができないこともあります。

また、視力回復トレーニングをすると、老眼を回復できるかもしれません。

視力回復トレーニングを日頃から行うことで、老眼の予防にもなります。

それに、食生活が乱れてしまうと老眼の発症リスクが高まるため、栄養バランスの取れた食事を心がけてください。

目にいいものを積極的に食べるというのも大事です。

そして、目薬を使用して疲れ目や眼精疲労を改善することで、老眼が回復するかどうかは分かりませんが、予防することは可能です。

老眼回復トレーニングは効果ある?

老眼回復トレーニングで視力がアップするのか、気になりますよね?

結論からいうと、個人差があるため、絶対に良くなるという訳ではありません。

ただし、効果が現われる人もいるので、試してみる価値はあるかもしれません。

もし、やってみて効果がないなら、止めたらいいだけです。

まず、目の前に人差し指を立て、5秒ほど見つめます。

その後、遠くにあるカレンダーやポスターなどを10秒程度じっと見つめてください。

このトレーニングをすることで、毛様体筋という呼ばれる目の筋肉をほぐすことができます。

これを毎日行うことで、老眼を回復させるのに効果的だといわれていますし、予防にもなります。

1日3セットを目安に行うと、効果が出てくるはずです。

また、トレーニングをする場合、視力が0.1以上の方は裸眼で行ってください。

視力が0.1以下の人は、メガネをかけて行いましょう。

トレーニングをする前に蒸しタオルを目に当てて、血行を改善してから行うと効果がさらにアップします。

コンタクトで老眼は回復できる?

コンタクトで老眼を回復できるといわれています。

ただし、普通のコンタクトでは回復することはできません。

老眼を回復させるには、「オサート」と呼ばれる専用のコンタクトを使用します。

そもそも老眼とは、加齢によってピントが網膜ではなく後ろの方で合っている状態です、

そのため、近くを見ようとすると、物がぼやけてしまいます。

しかし、オサートを就寝時に装着することで、ピントを正常な位置に戻すことが可能です。

個人差があるので、どのくらい回復するのかは人によって違いますが、大幅なアップも期待できます。

このコンタクトを装着するのは就寝時だけでよく、日中は裸眼でいられるのもメリットの一つでしょう。

このように、オサートは非常に便利なコンタクトですが、簡単に使用できないという問題があります。

まず、レンズ代が非常に高く、経済的負担が大きいです。

30万円から40万円ほどかかりますし、2年から3年ほどで作り直す必要もあります。

また、装着をやめてしまうと、視力が戻ってしまうというのもデメリットです。

目薬で老眼は回復できる?

目薬で老眼を回復できるともいわれていますが、本当なのでしょうか?

結論からいうと、回復することは不可能だと思っていいでしょう。

ただし、老眼を予防することは可能です。

症状が現われる前から目の疲労回復に効果がある目薬を使用すれば、老眼を予防することはできます。

老眼は、目を酷使することで発症が早まります。

そのため、普段から目の疲労を回復することが非常に有効なのです。

特にデスクワークをしている人だと、一日中、目を使っているので疲労がとても大きく、老眼になりやすいといわれています。

そういった方は、目薬を使って目に栄養を与えた方がいいでしょう。

また、ドライアイの人も目が疲れやすく老眼になりやすいので、目薬を有効利用してください。

とはいえ、1日に何度も目薬を使用すると目の負担が大きくなるため、使いすぎには注意が必要です。

もし、何度も使用しないといけない場合は、刺激の弱いものを使うようにしてください。

目薬にも色々な種類があるので、薬剤師や眼科医に相談された方がいいです。

食事で老眼は回復する?

食事で老眼を回復させることはできるのでしょうか?

食事だけで回復させるのは難しいですが、トレーニングと組み合わせることによって、老眼が回復しやすくなります。

食生活は目と大きく関係していて、普段の食事内容次第では老眼を早める可能性があると思ってください。

老眼回復にいい食事は、以下の通りです。

  • 栄養バランスのいい食事
  • 抗酸化作用がある食べ物
  • ブルーベリー
  • DHAやビタミンを含む食べ物

栄養バランスのいい食事をすることは、体だけではなく目にも大切なことです。

必要な栄養をバランスよく摂取しないと、目の疲れを解消させることができず、老眼の発症リスクが高まります。

また、ほうれん草やブロッコリー、青魚、うなぎ、大豆製品といった抗酸化作用を持つ食べ物は目にいいです。

それに、ブルーベリーに多く含まれているアントシアニンは、目の疲れを取るのに最適で、老眼予防や視力回復効果が期待できます。

ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンEといったビタミン類やDHAを多く含む食べ物も、老眼の回復に効果的です。

と言っても、これらの食事を常にバランス良く摂るのが難しいと言うことも出てきます。

そんな場合、サプリメントで補うと言うのも一つの方法です。

目の疲れは現代人の深刻な悩みです

年齢を重ねるごとに体の疲れを感じるように実は私たちのひとみも疲れをためています。

パソコンやテレビ、携帯電話が欠かせない生活。

さらには紫外線によるダメージも近年問題視されています。

毎日の生活で酷使されているひとみにもケアが必要です。

ブルーベリーがひとみに良いことはよく知られています。

なかでもブルーベリーの最高峰である北欧産野生種の“ビルベリー”には瞳の健康をサポートする成分がぎっしり。

健康家族のブルーベリーは、この“ビルベリー”の健康パワーを手軽に効率よく取り入れられる健康補助食品。

ぜひ、あなたのクッキリ生活にお役立てください!

⇓ ⇓ ⇓

健康家族

老眼を回復できるツボはある?

残念ながら、老眼を回復できるツボというのはありません。

しかし、目の疲れを解消させて見えやすくしたり、老眼になりづらい状態を作るツボはあります。

ツボを刺激することで目の筋肉の緊張をほぐし、血流を改善することが可能です。

そのため、時間がある時にツボを刺激して、目の疲れを解消してみてはいかがでしょうか。

老眼に効果的なツボは、以下の通りです。

  • 魚腰
  • 攅竹
  • 糸竹空
  • 太陽
  • 承泣
  • 清明

これらのツボは、疲れ目や眼精疲労に効果があります。

この中でも老眼を予防する効果があるといわれているのが、攅竹、魚腰、糸竹空の3つです。

眉毛のところにあるこの3つのツボを刺激すると、老眼を防ぐことができるでしょう。

刺激する時は力を入れずに、ゆっくりと押すようにしてください。

あまりにも力を入れてしまうと目を傷つける恐れがあるので、くれぐれも力の入れ具合には注意しましょう。

多少痛みを感じる程度で力を入れるのをやめて、3秒くらい押し続けてください。

これを毎日続けることで、日頃悩まされている目のトラブルを改善できるはずです。

老眼回復アプリってどんなもの?

スマートフォンアプリの中に、老眼回復アプリというものがあります。

これを使用して、老眼の回復を試みてみるのもいいかもしれません。

では、老眼回復アプリとは、一体どのようなものなのでしょうか?

老眼回復アプリは、視力回復トレーニングができるアプリです。

視力回復に効果的な画像を用いて、トレーニングを行います。

使用する場合は、眼鏡やコンタクトを取り外すようにしてください。

トレーニングの履歴が記録されるので、モチベーションを維持しやすいです。

ただし、アプリの種類によっても機能は異なると思ってください。

老眼回復アプリを使用する最大のメリットは、飽きずに続けられるという点でしょう。

老眼回復のためにトレーニングを始める人は多いですが、ほとんどの人が面倒に感じてしまい、途中でやめてしまうケースが多いです。

しかし、老眼回復アプリを使用することで遊び感覚でトレーニングができ、長く続けることができます。

トレーニングが続かないという人は、老眼回復アプリを使用してみてください。

老眼回復手術ってどんなもの?

手術をすることで、老眼を回復させることができます。

老眼回復手術で注目されているのが、老眼治療CK(伝導性角膜形成術)というものです。

老眼治療CKは日本はもちろん、世界でもそれほど普及していない手術方法ですが、安全性が高く効果的な治療法だといわれています。

ただ、手術をしたからといって、この先、もう二度と老眼に悩まされないという訳ではありません。

現時点の視力を回復させることはできても、数十年後に老眼が再発する場合もあります。

効果には個人差があり、一度手術をすることで、それから先は老眼にならないケースもあると思ってください。

また、どなたでも手術を受けられるという訳でもないです。

この手術は、検査をして改善する可能性があると判断された方だけが受けられます。

それに、老眼治療CKは自由診療に該当するため、健康保険を使用することができません。

そのため、費用は全て自己負担となりますが、手術時間は5分程度なので、入院する必要はなく日帰り可能です。