おならが出やすくて困っていて、何とか改善したい!

そんな風に思っている人は、結構多いです。

そもそも、おならがよく出る原因が何なのか、知っていますでしょうか?

おならが頻繁に出てしまう場合、食事が原因になっていることが多いものです。

暴飲暴食や早食い、食べ物と一緒に空気を吸い込み過ぎていることが原因になると言われています。

食べている時に吸い込んだ空気は、おならの成分の約7割にもなります。

食べた物を消化することで発生するガスが、おならの成分の中で占める割合は約1割ですから、ほとんどが食べ物と一緒に吸い込んでいる空気だと思われます。

また、血液の中に含まれているガスも、おならを発生させる原因の一つです。

とはいえ、やはり、おならがたくさん出てしまうのは、食事が原因となっていることが多いものです。

早食いや暴飲暴食を避けて、できるだけ口から空気を吸い込まないように気をつけて食事をしてください。

また、偏った食事を続けていると、悪玉菌と善玉菌のバランスが崩れてしまい悪玉菌が増えていくためおならの原因になります。

肉類などの食べ過ぎによって、タンパク質や脂質が悪玉菌のエサになり、便秘によって、便の成分が腐敗して悪玉菌が増えおならの原因になります。

また、加齢により善玉菌が減って、悪玉菌が増えるためおならの原因となることもあります。

まずは、おならを改善するためには、食事を気をつけましょう。

おならの悩みには、サプリメントPITARA(ピタラ)を試してみるのも一つの方法です。

それでも、おならがよく出るようなら、一度病院を受診するのもいいかもしれません。

ストレスや加齢で胃腸の働きが悪くなっていたり、何かしらの病気が潜んでいる場合もあります。

おならを我慢するのはよくないらしいけど・・・

おならを我慢するのは、体に良くありません。

と言っても、家の中に一人でいるならまだしも、会社や学校であたりかまわずにおならをするわけにはいきませんよね。

こっそりしたとしても、とても臭いおならだったら、バレてしまいます。

そんなこともあり、おならを我慢して過ごしている人はとても多いようです。

でも、おならを我慢していると、ガスが溜まった状態や便秘になり、健康や美容にとても悪い影響があります。

場合によっては、重大な病気に罹ってしまうこともあるようです。

あまり無理をせずに、トイレに駆け込むなどして、我慢しないようにしましょう。

それに、おならの質を改善することも大切です。

悪いおならはとても臭いので、臭くないおならに改善しましょう。

そのためには、腸内環境が良くなるような食事をとる必要があります。

栄養バランスの取れた食事を三食きちんと食べるようにして、腸内の善玉菌を増やすことを心がけてください。

臭くないおならなら、こっそりしてもバレませんから、我慢しなくてもすみますし、おならが出る回数そのものも減るはずです。

PITARA

おなら改善するには食べ物に気をつけることも必要

食べ物でおなら改善できるのかというと、改善できることが多いでしょう。

おならの回数や量が多いのは、食事の時に空気を一緒に食べてしまっていることが原因です。

おならの回数を減らしたい人は、食べ方に気をつけたり、繊維質の多い物や炭酸飲料を減らすようにすると良いと思います。

回数だけではなく、もっと問題なのはニオイでしょう。

おならのニオイを改善するには、腸内の善玉菌を増やして、悪玉菌を減らすようにすると良いのです。

善玉菌を増やすのに良い食べ物は、乳酸菌を含んだ食べ物だといえます。

ヨーグルトや納豆などには、乳酸菌が豊富に含まれていますし、毎日の食事で摂りやすいのでオススメです。

乳酸菌のサプリでも効果はあります。

PITARA

食物繊維の多い物を食べるのも、おならの回数は増えてしまうのですが、ニオイには効果があります。

肉食ばかりに偏りがちな人は、食物繊維が含まれている食べ物も摂るようにしてバランスを取ると良いです。

肉食に偏ると、とても臭いおならになり、ニオイが気になってしまうでしょう。

おならの改善ができる漢方もある

おならは漢方で改善できるのでしょうか。

おならは体の働きなので、完全に止めることはできません。

しかし、改善できる漢方はあります。

以下の2つの漢方は、胃腸の働きを良くすることから、おならの改善に良いでしょう。

  • 半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)
  • 大建中湯(ダイケンチュウトウ)

胃腸の働きが良くない人に効果的なのが、半夏瀉心湯という漢方です。

ストレスのある人にも効果的な漢方なので、常にストレス性の胃炎がある人にも効きめが期待できます。

そして、呑気症の症状も軽減されるため、おならにも効果的です。

大建中湯は、山椒が配合されており、おならの改善効果が期待できます。

整腸作用があるので、おならそのものだけではなくニオイにも効く漢方なのです。

漢方の効きめは、普通の薬とは違って緩やかなのが特徴だといえます。

あまり焦らずに服用を続けることで、効果が出るはずです。

副作用はほぼ出ないといわれていますが、体質に合ったものを服用しないと効果がないので、必ず医師に相談するようにしてください。

おならと運動不足の関係

おならと運動不足には、関係があります。

とはいっても、おならが出てしまう回数ではなくて、ニオイと関係があるのです。

運動不足の人は、胃や腸の動きが低下してしまうことがあり、それが原因になって、おならがとても臭くなってしまいます。

腸内環境を良くするには、善玉菌を増やすための食事だけではなく、運動をすることもとても大事なのです。

無理のない程度の運動で良いので、なるべく意識して動くようにすると、おならのニオイも改善されるでしょう。

また、運動不足で胃や腸の動きが鈍い場合、便秘にも結びつきます。

これもお腹の中でおならがとても臭くなってしまう原因になるので、便秘を解消することも大切になってきます。

歩ける距離なのに車で移動してしまう人はなるべく歩くようにしたり、バス停2つ分、駅1つ分歩くなどの軽い運動から始めましょう。

あとは、毎朝ラジオ体操をする習慣をつけるなど、生活習慣の改善に運動を取り入れるのも良いと思います。

毎朝軽い運動をすることにより、腸の動きは劇的に良くなりますので、腸内環境が整うでしょう。

これが結果的に、おならの改善にもなるといえるのです。

おならとアルコールの関係

おならとアルコールは関係あるのかというと、アルコールを摂ると、おならが出やすくなるでしょう。

おならだけではなく、お腹が緩くなって下痢をする人もいるといいます。

少量ならばさほど影響はありませんが、大量のアルコールを摂ると腸に影響が出るからです。

腸内環境の変化だけではなく、アルコールと一緒に摂るおつまみにも原因はあるでしょう。

アルコールを摂った後に、おならが多くなって気になるという人は、炭酸の入った物を避けたり、おつまみにも気を使うようにすると良いです。

サワー類やビールは炭酸が含まれていますので、飲み過ぎるとおならの回数や量が増える可能性が大きいといえます。

それに、芋類、ゴボウ、豆類は特におならを誘発させますから、おつまみでたくさん食べるのは避けるようにしましょう。

アルコールを飲んだ後に、おならが頻繁に出るのは普通のことなので、あまり心配はいらないと思います。

しかし、どうしても気になるのでしたら、上記のようなことに注意してみてください。

おならと禁煙の関係

おならと禁煙は関係があります。

禁煙を始めて継続していると、おならがたくさん出るようになる人が多いのです。

それは、タバコを止めたことによって、腸の状態がとても良い方へと動き始めたといえるでしょう。

つまり、タバコは腸の動きも阻害しているということですから、おならが出るからといって禁煙を止めようと思わないで続けてください。

では、禁煙をしながら、おならを改善するにはどうしたら良いでしょうか。

問題なのは、禁煙をしているときのおならは、とても臭いことです。

腸内環境が活性化されたといっても、悪玉菌が多い状態では臭いおならが出てしまいます。

この臭さを改善するには、善玉菌を増やすようにすると良いでしょう。

手軽に実行できる方法としては、「善玉菌を増やす」ことを宣伝しているドリンクを飲むのがとても簡単です。

もちろん、納豆やヨーグルトを食べるというのも、善玉菌を増やすことにつながります。

それに、腸内環境を良くするには、食事だけではなく運動不足にならないことも重要ですので、適度な運動も取り入れるようにしましょう。

PITARA

おならと生理の関係

おならと生理って関係あるのでしょうか。

生理の周期とおならには、関係がないという人もいます。

でも、実際には、生理前や生理中のおならに悩む女性も多いようです。

それは、生理中に便秘や下痢をする女性が多いということが原因になっているのかもしれません。

生理の影響によって便秘になる人も多いですし、女性はおならを我慢してしまいがちなので、ニキビができたり肌が荒れたりすることもあるでしょう。

それに、生理中に便秘になっている時のおならは、とても臭いため、悩みの種になってしまうこともよくあります。

我慢をしていると美容にも悪いので、できれば出してしまうのが一番ですが、状況によっては我慢するしかない場合もありますよね。

生理の時におならが出たり、便秘になりやすいのは、ホルモンバランスの影響もありますが、腸内の動きが滞ることが多いからなのです。

腸内環境を良くするような食事をして、お腹をすっきりさせましょう。

ヨーグルトや納豆といった腸に良い食べ物を積極的に食べて、腸の動きを整えるようにしてください。

そうすれば、おならに悩むこともなくなりますし、便秘に苦しまなくてもすみます。