ニンテンドーのファミコンが復刻されるということで、以前、話題になりましたよね。

その名も、ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ。

初代のファミコンが販売されたのは、昭和58年7月15日。

昭和ですよ!昭和!

家庭用ゲーム機の走りとも言えるファミコン。

イヤ~懐かしいです!

なんて言うと、歳がバレちゃいますね(笑)

その懐かしいファミコンって白と赤のプラスチックボディが欲しいって気持ちを高めてくれた記憶があります。

そのせいもあってか、あの二色カラ―がニンテンドーの販売戦略なのかなって思っていました。

確かに、販売戦略だったみたいですが、色による購買意欲をそそると言うことではなく、販売価格を抑えるためだったそうです。

と言うのも、当時、白と赤のプラスチックが一番安かったからなんだそうです。

ニンテンドーでは、10,000円程度に価格を抑えたかったようですが、最終的には14,800円で販売されました。

去年、そのファミコンが復刻されると言うことで、興味が湧いて調べてみて、驚いた記憶が!(笑)

だって本体が小っちゃっかったんですから!(笑)

手のひらサイズでした。

そして、懐かしいゲームを30タイトル収録して、2016年11月10日に発売されましたよね。

実は、私もすぐに予約して購入しました(笑)

懐かしくて、うれしかったです(笑)