しみ対策をしたいと思っても、いつから行えばいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか?

まず、しみが本格的に出始めるのは、30代~40代くらいからです。

若い頃から紫外線を大量に浴びている人であれば、20代でしみが発生する可能性もあります。

そのため、しみ対策は早ければ早いに越したことがないので、できれば10代のうちから行っていた方がいいでしょう。

しかし、だからといって、20代や30代から始めても意味がないという訳ではありません。

確かに、10代から始めている人よりはしみができやすいですが、しみ対策をしないよりはよっぽどいいです。

20代や30代になっても何もせずに肌を放置していると、しみがたくさんできてしまいます。

でも、危機感を感じてしみ対策を始めれば、しみを減らしたり、薄くすることは可能です。

しみ対策に遅いということはないので、危機感を持ったのであれば今すぐにでも行うのがベストなタイミングだといえます。

肝斑って防げるの?

肝斑とは、左右対称にできることが多いぼんやりしたしみのことで、口周りや額などに発生しやすいです。

若い頃はできませんが、30代~40代になると次第にでき始めるので、注意しないといけません。

そして、この肝斑はホルモンバランスや生活習慣と大きく関係しているため、自分の力によって防ぐことができます。

肝斑の予防方法は、以下の通りです。

  • 紫外線対策
  • スキンケアに注意する
  • ストレスを溜めない
  • 生活習慣を改善する

紫外線は肝斑を発生させる原因のひとつなので、日頃から何かしらの対策を取ってください。

日焼け止めクリームや日傘、サングラス、帽子といったものを使用するだけでも、大幅に紫外線をカットできます。

誤ったスキンケアは肝斑を発生させてしまうので、肌を刺激するような洗顔やマッサージは避けてください。

それに、使用する化粧品などにも注意しましょう。

ストレスを溜めると肝斑ができやすいため、なるべく溜めないような工夫をしてください。

また、生活習慣が良くないとホルモンバランスが乱れてしまって、肝斑ができてしまいます。

エステのしみ対策はどんなことをする?

エステで行っているしみ対策は、以下の通りです。

  • ハンドマッサージ
  • フェイシャルケア
  • ピーリング

まず、代表的なのが、ハンドマッサージです。

顔をマッサージすることによって血液の流れを良くし、新陳代謝を活発にさせます。

新陳代謝が高まるとターンオーバーも活発になるので、しみに効果的に作用するでしょう。

専用の機械を使用したフェイシャルケアも、エステのしみ対策として一般的です。

光のエネルギーを利用した光エステは、しみ対策に効果があるといわれており、実施するところも増えてきています。

それに、ピーリングでしみ対策を行っているエステも少なくありません。

ピーリングとは、専用の薬品を肌に塗って古くなった皮膚や角質を剥がし、肌のターンオーバーを促す方法です。

何度も行うことで、肌もその都度生まれ変わり、しみも以前より薄くなります。

ただ、肌が弱い人がピーリングを受けると肌荒れを起こす危険もあるので、カウンセリング時にしっかりと肌状態を確認してもらいましょう。

皮膚科でしみ対策できるの?

しみを自分で治せそうにない場合や短期間で早く消したい場合は、皮膚科に相談された方がいいでしょう。

皮膚科に行けば、しみを高確率で消すことができます。

皮膚科のしみ対策は、以下の通りです。

  • レーザー治療
  • ピーリング
  • ビタミンCイオン導入

シミを早く消したい場合に有効なのが、レーザー治療です。

ただ、健康保険適用外なので、費用負担が大きくなるというデメリットもあります。

ピーリングとは、薬品を使用して古い皮膚を剥がし、強制的にターンオーバーを促進させる方法です。

家庭でもできますが、皮膚科で行う方が効果があり、安全に行えます。

ビタミンCイオン導入は、肌にビタミンCを浸透させて、しみを解消するというものです。

さらに、塗り薬や飲み薬を使用したしみ対策もあります。

塗り薬は効果が高いですが、飲み薬はあくまでもサポート作用しかないと思ってください。

皮膚科では、このような対策を行っているので、自分に合ったものを医師と相談して選択しましょう。

また、皮膚科によっても、行っているしみ対策に多少違いがあります。

しみ対策にいい薬ってあるの?

しみ対策にいい薬というのは、存在します。

以下のような成分が含まれているものは、しみ対策に有効です。

  • ハイドロキノン
  • トレチノイン
  • アルブチン

ハイドロキノンは、しみ対策の成分として有名で、肌の漂白剤と呼ばれるほど美白効果に優れています。

メラニン色素を抑制する作用はもちろん、減少させることも可能な成分です。

非常に効果が強いため、濃度が高いと副作用が現われる可能性もあるので、注意が必要です。

また、トレチノインも美白効果がとても高い成分で、ハイドロキノンと併用される場合もあります。

アルブチンは肌の本来の色に近づけることができる成分で、医薬部外品に使用されることが多いです。

この3つの成分がしみに効果的に作用しますが、特にハイドロキノンとトレチノインは皮膚科でも処方されるほど高い効果が期待できます。

しみ対策専用化粧品の中にもこれらの成分が配合されている商品があるので、そのようなタイプのものを選ぶようにしましょう。

ただし、肌トラブルを起こす危険もあるため、どのような副作用があるのかや使用方法をきちんと確認してから使用するようにしてください。

食事でしみ対策できる?

普段の食事を見直すことによって、しみ対策ができます。

まず、しみ対策をする上で重要なのは、栄養バランスの良い食事をすることです。

栄養バランスが偏った食生活は、しみを発生させたり、悪化させる原因になるので注意してください。

好き嫌いをせずに、色々な栄養をまんべんなくきちんと摂取することが最低限必要になります。

そして、しみ対策に有効な食品は、以下の通りです。

  • バナナ
  • うなぎ
  • アボカド
  • トマト

バナナは抗酸化力に優れた食べ物なので、しみ対策にもってこいです。

特に黒く熟したバナナは、抗酸化力がとても高いといわれています。

さらに、美容成分も豊富に含まれているので、肌トラブル全般に効果的です。

うなぎには、美肌をつくるのに必要なビタミンEとコラーゲンがふんだんに含まれています。

ビタミンEは新陳代謝を促進させる働きがあるので、しみ予防食品としておすすめです。

また、うなぎと同じように、アボガドにも豊富なビタミンEが含まれています。

トマトには、しみを抑制する成分であるリコピンが含まれており、そばかす対策や肥満防止にも効果的でしょう。

コーヒーでしみ対策できるの?

あまり知られていませんが、みなさんが日頃飲まれているコーヒーで、しみ対策ができます。

毎日コーヒーを飲むことによって、しみを予防することができるでしょう。

コーヒーには、クロロゲン酸というポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールといえば、赤ワインを真っ先に思い浮かべるかもしれません。

でも、実は、コーヒーにも含まれているのです。

赤ワインを毎日飲むのは難しいかもしれませんが、コーヒーならいつでも簡単に飲めますよね?

クロロゲン酸は紫外線によるしみの予防に非常に効果的で、しかも、ガンを抑制する作用や肥満を防止する働きもあります。

さらに、口臭予防や血圧の安定といった効果もあるので、コーヒーは意外にも体にいいのです。

また、ポリフェノールには体内の活性酸素を除去する働きもあり、体の老化を防ぐことができます。

ただし、だからといって、過度にコーヒーを摂取してしまうと、胃腸の働きを乱したり、口臭を発生させる恐れがあるので、1日3杯程度に抑えるようにしましょう。

ためしてガッテンのしみ対策

以前、NHKの人気番組「ためしてガッテン」で、しみ対策が特集されました。

その時の放送をご覧になった方はいますか?

とても参考になる内容なので、どのような内容だったのかをご紹介いたします。

まず、しみの原因は「摩擦」だと紹介され、洗顔方法に注意すれば、しみを効果的に予防できるという内容でした。

しみ対策として紹介された洗顔方法は、以下の通りです。

  • 洗顔料をよく泡立てる
  • たっぷりと顔に泡をつける
  • 手は皮膚に触れなくてもいい
  • 上下に手のひらを押しつけながら動かす
  • 目尻や小鼻は指でなぞるように洗う

大事なのは、洗顔料をよく泡立てることです。

泡立ちが足りないと摩擦が大きくなり、それがしみを発生させる原因になります。

泡立ちネットなどを使用して、きちんと泡立てるようにしましょう。

泡は顔全体にたっぷりとつけて、洗う時は皮膚に触れなくてもいいのです。

手ではなく、泡で汚れを落とすような感覚を意識してください。

上下に手のひらを動かし、泡を押しつけるように洗いましょう。

洗顔時間が長いと肌への負担が大きいので、3分程度が理想です。

目尻や小鼻は汚れが落ちにくいですから、指でなぞるようにして洗います。

薬用ホワイトニング美容液【URUTAS(ウルタス)】

薬用ホワイトニング美容液

あなたも当てはまりませんか?

  • 顔のしみ・そばかすが気になって、周りの目が気になっている。
  • 実年齢よりも老けて見える。
  • 肌に潤いや透明感を感じない。
  • 肌が乾燥しやすくガサガサした肌質。
  • しみ・そばかすをファンデーションやコンシーラーでごまかしてメイクに厚塗り感がでる。
  • ニキビ、肌荒れが気になる。
  • 肌にふっくら感がなくなった気がする。
  • 化粧のノリが悪くなったり、化粧崩れしやすくなった。

URUTAS(ウルタス)薬用Wホワイトニング美容液の特徴

  • URUTAS(ウルタス)薬用ホワイトニング美容液は、シミ・ソバカス・肌荒れの有効成分がはいった薬用美白※美容液です。
  • 美白有効成分であるアルブチンとL-アスコルビン酸2-グルコシドをダブルで配合。ニキビ・肌荒れ有効成分(グリチルリチン酸2K)を配合しており、美白※とニキビ・肌荒れ予防の訴求ができる医薬部外品の美容液です。
  • 天然由来美容成分 97%配合。スクワラン、オウバクエキス、チンピエキス、キウイエキスなどの美容成分19種類を贅沢に配合。
  • 伸びがよくスッとお肌に浸透※2。
  • 肌質問わず、素肌感アップの保湿効果を実現。
  • 美容皮膚科医監修の美白※1美容液
  • 国内有数のISO9001を取得した工場での国内生産。
  • 6つのフリー処方。シリコーン / パラベン / エタノール / 鉱物油 / 合成着色料 / 紫外線吸収剤 不使用
  • パッチテスト済み※3

※1 メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ
※2 角質層まで
※3 全ての方に肌トラブルが起こらないという事ではありません。

W美白有効成分

アスコルビン酸2-グルコシド

アルブチン : メラニンをつくる「チロシナーゼ」という酵素の働きを阻害する作用によって、過剰なメラニンの生成を抑制。

日焼けによるシミ・ソバカスを防ぎ、美白効果が期待できます。

グリチルリチン酸2K

酸化に強い安定した「ビタミンC誘導体」なので、「ビタミンC」の働きをそのままダイレクトに

お肌の奥に運ぶこと※2ができ、メラニンの生成を抑えるよう働きかけます。

ニキビ、肌荒れ有効成分

グリチルリチン酸2K

炎症を抑え、肌荒れやニキビ予防に効果を発揮し、清潔にお肌を守る働きがあります。

保湿成分

ヒアルロン酸Na-2

抜群の保水力がお肌に潤いを与え、バリア機能をサポート。

加水分解コラーゲン

分子が小さく、よりお肌に浸透しやすい。

美容成分97%

自然由来にこだわった成分、スクワラン、オウバクエキス、チンピエキス、キウイエキスなどの美容成分19種類を贅沢に配合。

使用方法

1.クレンジング・洗顔後に化粧水でお肌を整えてください。

2.美容液を適量(5円玉大)手に取ります。

4.顔の中心から外側に向かって、ゆっくりとやさしく顔全体になじませます。

5.乾燥しやすい部分や、気になる部分(シミ・肌荒れ・目尻など)には重ね塗りするとより効果的です。

6.乳液・クリームを使用してうるおいをとじこめてください。

※美容液は1日2回(朝・晩)ご使用ください。

安全性

・国内製造。国内有数のISO9001を取得した工場で、医薬品レベルの品質・安全管理の元に製造している医薬部外品です。

・6つのフリー処方。シリコーン / パラベン / エタノール / 鉱物油 / 合成着色料 / 紫外線吸収剤 不使用。

お客様の声

・日焼けによるシミ、ソバカスが気にならなくなり、肌がワントーン明るくなったと友人からも驚かれています。

・朝晩使ってますが、ずっと悩んでいたニキビや肌荒れが気にならなくなってきました。これからも使い続けます。

・つけた時に、美容液がスッとお肌に浸透し、うるおっていると感じました。化粧ノリもよくなり、毎日鏡を見るのが楽しです。

URUTAS(ウルタス)薬用ホワイトニング美容液

⇓ ⇓ ⇓

薬用ホワイトニング美容液